シュルレアリズムの巨匠「サルバドール・ダリ」のフレグランスが美しい!!! ジュエリーみたいな見た目がめちゃんこアートです♪

写真拡大

美術に詳しくないオトメでも、きっと名前ぐらいは知っているサルバドール・ダリ。“シュルレアリズムの巨匠” と呼ばれているスペインの芸術家です。

絵画や彫刻などさまざまな作品を残したダリですが、ジュエリーや香水も作っていたなんて!

ダリ自身がプロデュースした香水の流れをくんだブランド「パルファン サルバドール・ダリ」から、新作フレグランスが発売されました。見た目がものすごぉ〜く美しくて、うっとりしちゃいます!

【ダリの香水がかっこいい!】

新作フレグランス「ダリ オートパフュメリ」は、ただいま東京国立新美術館にて開催されている「ダリ展」を記念して発売されたもの。世界的に有名な調香師、アルベルト・モリヤスさんが、ダリの作品であるジュエリーをイメージして作った香りだそうです。

【見ているだけでも満足?】

香りは5種類あり、それぞれにとってもかっこいい名前がついています。

まず、「ルギャル・サンチラン・ド・ミルボーテ 〜千の美のきらめくまなざし〜」は、ジュエリー作品「時の眼」からインスパイアされたオリエンタル・フローラルの香り。

「ボワイヤージュ・オニリック・デュ・パピヨンドヴィ 〜生命の蝶の夢幻旅行〜」は、1965年のジュエリー作品「命のカリス」をモチーフにしていて、パウダリー・ホワイト・フローラルの香りだそうです。

「カリス・ド・ラ・セデュクシオン・エテルネル 〜永遠の誘惑の杯〜」は、ウッディ・フローラルの香り。ボトルには、1953年のダリのジュエリー「トリスタンとイゾルデ」をイメージした装飾が施されています。

「メロディ・デュ・シーニュ・ド・ラ・マン 〜葉脈の手の調べ〜」は、1949年にダリの夢から生まれたジュエリーがもとになっています。香りはパウダリー・フローラル。

最後に、「フリュイディテ・デュ・タン・イマジネール 〜空想の時の流れ〜」は、ダリの有名なモチーフ「柔らかい時計」からインスピレーションを得た、リッチフローラル・ウッディの香りです。

価格は各100ml入り5万円(税込)。わお、やはりお値段が……。「ダリ展」の特設ショップのほか、PAMインターナショナルのECサイトでも購入できるみたいだよ!

全部揃えて並べたいなぁ〜なんて思ったけど、そうすると25万円か……震える。

参照元:PR TIMES
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る