ドイツのメルケル首相 難民対応めぐり問題認める「時計の針戻したい」

ざっくり言うと

  • ドイツのメルケル首相が、難民受け入れ対応に問題があったことを認めた
  • 2015年に殺到した難民の問題を十分に管理できない時期があったとコメント
  • 「時計の針を何年も戻し、政府全体で備えをしっかりし直したい」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング