沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡 世界最古2万3000年前の釣り針を発見

ざっくり言うと

  • 沖縄県のサキタリ洞遺跡で、世界最古とみられる貝製の釣り針が発見された
  • 地表から1mの場所で見つかり、周辺の炭の年代から2万3000年前のものと判明
  • 日本国内で旧石器人の漁労の痕跡を示す道具が見つかるのは初めてとなる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング