羽田圭介氏

写真拡大

19日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、小説家の羽田圭介氏が、芸能人の不倫記者会見について苦言を呈する一幕があった。

番組の「徹底生討論 怒れるニッポン」では、中村橋之助の不倫疑惑報道の謝罪会見後に、妻として応じた三田寛子の会見が称賛の声を集めていることを取り上げ、「パートナーが謝れば浮気は許せる?」をテーマに出演者が討論した。

その中で、羽田氏は「男女の関係はケースバイケースだと思う」「当事者同士が許したりしたら、それで完結すると思うんですね、本来は」と、三田が許している姿勢をみせれば、不倫の問題は終わりだと指摘した。

続けて羽田氏は「ここいらで、世間からのどうでもいいバッシングを無視するっていうことを、むしろやってほしかった」「だから会見もしてほしくなかった」と、今回のふたりの会見について、苦言を呈したのだ。

さらに羽田氏は「世間からのバッシングを無視するってのを誰かがやっていかないと、この流れはずっと続くんだろうなと思うんですよね」と世間の目を意識して、それに対応するような謝罪会見は、不必要だと主張した。

ここで北村晴男弁護士が「(週刊)文春さんが、いちばん喜びますからね」と口を挟むと、羽田氏は立ち上がり、着用していた自身の芥川賞受賞作「スクラップ・アンド・ビルド」(文藝春秋)の書影がプリントされたTシャツを見せながら「ぼくの本も文春なんですけど」とアピールし、笑いを誘っていた。

【関連記事】
金慶珠氏 タレントによって異なる不倫報道のスタンスを指摘
江川紹子氏が中村橋之助の不倫疑惑報道で三田寛子の危機管理能力を称賛
土田晃之 相次ぐ芸能人の不倫報道に嫌気「目くじら立てて怒るのもおかしな話」