19日、韓国・ソウルを旅行していたタイ人男性がこのほど、ソウル駅で韓国人の女から背中に注射針を刺される事件が発生した。写真はソウル駅。

写真拡大

2016年9月19日、韓国・ソウルを旅行していたタイ人男性がこのほど、ソウル駅で韓国人の女から背中に注射針を刺される事件が発生した。環球網が伝えた。

タイ華字紙・世界日報によると、男性は16日早朝、ソウル駅のエレベーターに乗ろうとした際、背中に痛みを感じて振り返ると、後ろにいた高齢の女がエレベーターから降りるのが見え、地面に注射器が落ちているのに気づいた。男性は、一緒にいたガールフレンドが女を追いかけようとするのを制止し、駅職員に通報した。

男性とガールフレンドは防犯カメラの映像を見せてくれるよう求めたが、複数の部門の許可が必要だと告げられたこと、当日は祝日でタイ大使館が休みだったこと、飛行機の出発時間が迫っていたことなどからそのまま帰国。念のため病院で破傷風やHIV感染の危険がないか診察を受けたという。(翻訳・編集/柳川)