夏が終わり、近頃は不安定な天気が続いていますね。しかし、この時期を乗り越えたら本格的な秋の到来! 夏が好きな方にとっては少し寂しいかもしれませんが、暑さに弱い方は待ちわびていた季節ではないでしょうか。女性としては、ファッションやメイクをより楽しめる時でもありますよね。

それ以外にも、人によって楽しみは様々。今回『美レンジャー』では、500人の女性を対象に、“どんな秋にしたいか”をテーマにアンケートを実施。今回は、そのアンケート結果と、“美容に役立つ秋の旬食材”についてお伝えします。

■女子の本音は“○○の秋!”

今回のランキングでは、読書、芸術、スポーツ、食欲、行楽、美容、ダイエット、睡眠、そして恋愛の、9項目でアンケートを行いました。さっそく気になるランキング結果を見ていきましょう。

第5位・・・行楽の秋(9.0%)

もう少し上位に食い込むかと思いきや、5位に落ち着いたのが“行楽の秋”。秋は過ごしやすく、旅行やレジャーに適した時期。定番の紅葉を見に少し遠出してみたり、キャンプやバーベキューなども、夏とはまた一味違う雰囲気を楽しむことができますよね。

第4位・・・美容の秋(10.0%)

夏から秋にかけて気温や湿度が急激に変化することで、体調やお肌の調子が悪くなることも。これからのシーズンは乾燥しやすく、既にその対策をしていたり、ダイエットやファッション、メイクなど、「トータルで秋を楽しみたい」と考える女性が選んだのが“美容の秋”ではないでしょうか。4位にランクインしたのは、常に美容に関心を持っている女性が多い表れですね。

第3位・・・睡眠の秋(12.4%)

少し意外な3位は“睡眠の秋”。夏を充分に楽しんだ方は、秋は少しセーブして、ゆったりと過ごしたい人が多いのかもしれません。忙しい毎日の休息もとれますし、お肌の回復にも役立つので、時間がとれるときはしっかりと睡眠をとってリフレッシュしましょう。

第2位・・・ダイエットの秋(14.4%)

4位の“美容の秋”にも含まれているとは思いますが、美容の中でも特に「ダイエットに力を入れたい」という方は多いよう。夏は暑すぎて食欲がなかったという方も、秋には美味しいものを食べたくなりますよね。そんな食欲に負けないよう、ストイックになろうと思っていたり、涼しくなってきたことで、運動に力を入れようと思っている方が多いのではないでしょうか。

第1位・・・食欲の秋(23.6%)

断トツ1位は、やはり“食欲の秋”! 2位のダイエットももちろん気にかけてはいても、「秋の味覚は楽しみたい!」と思ってしまう……、女性の欲張りさが分かる結果となりました。とはいえやはり食べ過ぎは禁物。水分を多めにとったり、食べる順番に気をつけたり、よく噛んで食べるなど、基本的なことを忘れず食事を楽しみましょう。

■実はこんな効果が!“食べてキレイ”な秋の旬食材

旬のある食材は、その時期に食べるといつも以上においしく味わえるだけでなく、それぞれの栄養価も1番高くなっているとき。「旬だから」と、とりあえず数回食べていただけの方も、その美容効果を知ったらもっと食べたくなるかも……?! 秋の旬食材にぎっしり詰まった美容効果をご紹介します。

(1)さんま

秋の味覚の代表ともいえるさんま。生活習慣病の予防や血流改善にもつながるDHAやEPAを豊富に含んでおり、コレステロール値を下げる働きもあります。必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質のたんぱく質や、鉄分、ビタミンA、カルシウムが美肌にも効果的。現代人が慢性的に不足しているビタミンDも含まれており、それがカルシウムの吸収も助けてくれます。

また、さんまの“わた”に含まれるレチノールという成分は、細胞の形成を促す作用や皮脂分泌をコントロールする作用を持っているので、肌の弾力低下やたるみ、シワ、吹き出物などが気になる方は、是非残さず食べてみてくださいね。

(2)さつまいも

さつまいもは、食物繊維やカリウムを多く含み、便秘やむくみの解消に効果的。少量でも満腹感を得ることができるので、ダイエットの強い味方です。その他にも、代謝をアップするビタミンB群や、抗酸化作用のあるビタミンE、美白に効くビタミンCなどをバランスよく含んでいます。ビタミンCは熱に弱い性質を持っていますが、さつまいもに含まれるでんぷんがビタミンCを保護するので、加熱調理しても栄養素が壊れることなく摂取できます。

また、身と皮の間にはヤラピンという成分が存在し、腸の働きを促進し、便を柔らかくする作用を持っています。皮にも多くのビタミンCと、強い抗酸化作用を持つアントシアニンが含まれているので、皮は捨てずに、一緒に食べるようにしましょう。

(3)栗

栗はナッツ類に分類されますが、脂質が少なくミネラルが豊富。ビタミンC、カリウム、食物繊維も多く含まれています。さつまいも同様、加熱してもビタミンCはきちんと摂取できる食材で、美肌、免疫力の向上、肥満の予防などに効果があります。また、体を温めてくれる食材なので、冷えを感じやすい方にもおすすめです。

栗も、皮に注目すべき食材。渋皮(身表面の薄い皮)には強力な抗酸化作用を持つタンニンが含まれ、老化の原因となる活性酸素の除去や、皮膚の保護をしてくれます。文部科学省の食品成分データベースによると、ゆで栗は100gで167calとカロリーが低めですが、栗きんとんなどのスイーツは高カロリーなので、食べ過ぎないように注意してくださいね。

“食欲の秋”と思った人もそうでない人も、この秋は、美味しく食べてキレイになっちゃいましょう!

【関連記事】

スイーツ好き痩せ子の秘密!食べても太りにくい「甘い物の選び方」