観客席に流し目(!?)のトム・ハンクス

写真拡大

映画『ハドソン川の奇跡』(9月24日公開)のプロモーションのため、3年ぶりの来日をはたしたトム・ハンクスが、“相棒”であるアーロン・エッカートと共に都内で来日記者会見を行った。

トム・ハンクスとアーロン・エッカートが来日!

本作は、クリント・イーストウッド監督の待望の最新作であり、すでにアカデミー賞の大本命ともいわれている話題作。全米でも9月9日から公開され、週末3日間で36億円を超える興行収入を叩き出し、大ヒットスタートとなっている。

2009年にニューヨークのハドソン川で起きた航空機事故と奇跡の生還劇の裏に隠されたある真実が描かれているが、英雄から一転、容疑者となる機長を演じたトムと困難を共に戦った副操縦士役のアーロンがそれぞれの思いを語った。

まず、会見の冒頭にイーストウッド監督からのビデオメッセージが流れるも、「今日は行けなくてごめんなさい。でも、2人が日本に行けてうれしいし、楽しんでください」というシンプルなメッセージと短すぎる映像に会場は大爆笑。すると、トムは「彼の仕事ぶりと同じように、口数が少なくて寡黙な男ですが、言葉をちゃんと選んで大事なことを言っているんですよ」とすかさずフォローし、なんとイーストウッド監督の顔マネまで披露。

さらに、「彼は偉大な俳優であり監督ですが、特に監督になってからはその活躍は目を見張るものがあり、今世紀を代表する名作のうち5〜6本は彼の作品だと思います。そして、キャストを本当に大事に思ってくれる監督です」と称賛した。

一方のアーロンも「イーストウッド監督は私のヒーロー的存在。特に印象に残っているのは、撮影初日にハドソン川で雨が降っているにも関わらず、一瞬たりとも室内に入ることなく、一日中私たちと一緒にいてくれて、俳優にとっては力になりました」と撮影現場を振り返る。

トムは、実在の人物を演じることが続いているが、その理由については、「どういう風にその物語が解釈されているかというのに興味があり、隠されていた知らない事実を知る面白さに惹かれているんだと思います。でも、『トイ・ストーリー』のウッディには特にインタビューはしてないけどね(笑)」とウィットに富んだコメントで笑わせた。

この事故が起きた当時、トムはアメリカで、アーロンは撮影中のヨーロッパで、テレビ・ニュースを通して知ったそうだが、2人とも9.11のようなテロがまた起きたのではないかと一時は心配したという。しかし、機長に思わぬ疑惑がかけられていたことについては知らなかったそうで、脚本を読むなかでさまざまな真実を知り、トムは17分ほどで一気に読み切ってしまうほど興味深かったと話した。

また、記者会見にはスペシャルゲストとして、実際に事故機に搭乗していたという2人の日本人乗客も登壇。当時の様子などについても語ってくれたが、この作品を見るまで“自分たちのヒーロー”の身に起きたことは知らなかったという。

今回、日本人の乗客がいたこと初めて知ったトムとアーロンは驚きの表情を浮かべていたが、トムからは一番知りたかったこととして、「荷物は戻ってきたのか?」という質問も飛び出した。

ちなみに、荷物はすべてクリーニングされ、一つ一つ丁寧に包装された状態で数ヵ月後に戻ってきたそうで、スーパーの会員券に至るまで返してもらえたといい、会場からも驚きの声が上がったほど。

主演としても機長としてもサービス精神旺盛のトムと映画さながらの抜群の相性をみせるアーロンのコンビにより、笑いの絶えない記者会見となった。