面妖なる「アンチエイジング・ビジネス」が米国で拡大している

写真拡大

MITの研究者が共同設立し、6人のノーベル賞受賞者を科学顧問にもつ栄養補助食品メーカー・Elysium。その輝かしい顔ぶれによってメディアの人気者となった同社のサプリメントの主原料は、人における効果が実証されておらず、自社で生成することもできない物質だ。さまざまな人々の思惑が絡み合う、アンチエイジング業界の裏側。

「面妖なる「アンチエイジング・ビジネス」が米国で拡大している」の写真・リンク付きの記事はこちら

共同設立者は、老化研究で有名なマサチューセッツ工科大学(MIT)の科学者。科学顧問は、6人ものノーベル賞受賞者たち。売っているのは、あなたの若さを保ってくれるかもしれない魔法のサプリメント──。とかく科学的信憑性が問題になりがちなこの業界で、サプリメーカーのElysiumが注目を浴びたのは当然のことだろう。

科学的に信頼できるというイメージを何よりも大切にしているElysiumは、用心深くも「アンチエイジング」ではなく「細胞の健康」を謳い文句としている。それでも、同社は瞬く間にメディアにメディアに大きく取り上げられた

「マウスでは」実証済み

Elysiumのサプリメント「Basis」の主原料のひとつは、ニコチンアミドリボシド(NR)と呼ばれる化学物質だ。マウスにおいては実際に健康促進が見込まれると証明されている物質だが、ヒトに効果があることを示す研究はまだない。

そのことを、Elysiumの共同設立者たちはあっさりと認める。しかし、同時に彼らは、NRが単なるインチキではないということも証明しようとしている。同社は現在、高齢者へのNRの効果を調査するべく、ヒトへの臨床試験を実施中だ。とはいえ彼らはその結果を待っているわけでもなく、NRのDNA修復と活性に対する効果を宣伝している。これはアメリカ食品医薬品局(FDA)の栄養補助食品に関する規制下では完璧に合法だ。

Elysiumのサプリメントビジネスは、FDAの医薬品規制を回避する賢い方法だという指摘もある。FDAは老化を“疾患”だとはとらえておらず、Elysiumはすぐにでもサプリメント販売を開始できるというのに、コストも時間のかかるFDA認可を取得する必要がどこにあるか、というわけだ。

NRを生産できるのは1社だけ

一方でChromaDexという企業は、NRのFDA認可をすぐにでも取得したいと考えている。Elysiumのもののようなアンチエイジングのための薬のためではなく、コケイン症候群という遺伝病の治療のためだ。早期老化に非常によく似た症状をもち、子どもがまれに発症する病だ。非常にまれな疾患であるため、ChromaDexは「希少疾病用医薬品指定」の取得を望んでいる。これは疾患者が非常に少ない病気を対象とした薬品の迅速な認可方法だ。

ここで重要なのは、ChromaDexは認可待ちの間にも、未加工のNRを複数の企業に生産・販売しているということだ。NRを購入した企業は、自社ブランドの製品としてパッケージし直したサプリメントを販売する。Elysiumもそのひとつだ。

ニコチンアミドリボシド(NR)が注目を浴びるようになったきっかけは、人間がNRを体内でニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)という物質に変換するという事実が発見されたことだった。

NADは、細胞がエネルギーを利用するために必要な物質であり、新進代謝のキープレイヤーである。「次の大発見となる奇跡の分子が存在するとは言いません」と、コロラド大学ボルダー校で老化を研究しているクリストファー・マーチン博士は言う。「それでも、NADはとても重要のものに思えるのです」

いくつもの研究が、NRの有望性を物語ってきた。NADのレヴェルは年齢とともに減少する。そしてNADのレヴェル向上がマウス細胞を再活性化するようである、などなど。しかしNRの摂取が、人間の老化を遅らせるのに十分なほどにNADのレヴェルを引き上げるのかどうかについては、誰も知らない。

とはいえ、数十のマウス研究はNRの需要を生んだ。2011年にChromaDexはNRを研究所で合成する特許を取得した。牛乳からの精製を試みるよりもはるかに安上がりな方法である。ChromaDexはこの製品を「Niagen」と名付けた。

ChromaDexは将来の需要促進を目指し、大学や研究機関と70件の研究契約も結んでいる。ChromaDexは研究に対して資金提供をし、科学者らに合成したNRを提供する。コロラド大学ボルダー校のマーチン博士も協力者のひとりである。現在、NRをコケイン症候群の治療薬につなげる試みが、ChromaDexとアメリカ国立衛生研究所(NIT)の協力のもと進行している。また、NITのヴィルヘルム・ボーア研究室では、コケイン症候群などの遺伝病の調査を通して老化についての研究がなされている。

遺伝子操作によってコケイン症候群をわずらったマウスへの実験において、NRの効果が期待できたとボーアは言う。彼の研究グループは現在、FDAに新薬臨床試験開始届(IND)を提出するためのデータを収集中だ。承認されれば、この疾患の臨床試験実施が許可される。

臨床試験が承認され、薬が機能し、かつその薬が承認されれば――これには何年もかかるが――NRはコケイン症候群の処方薬かつ既製の栄養補助食品として販売できるようになる。

治療薬 V.S. サプリメント

こういった動きは、決してめずらしいものではない。2000年代半ばには、大手製薬会社のグラクソ・スミスクラインは魚油由来の「Lovaza」を、FDA認可取得済みの高トリグリセライド血症の治療薬として販売しはじめているし、医師たちもこれまで長い間、患者たちに高用量のビタミンやミネラルを処方してきた。

とはいえ、ビタミンやミネラル、魚油を生産できる場所はいくつもある。しかし、アメリカ国内でNRを生産できるのは、特許をもつChromaDexだけだ。

では、消費者が安いサプリメントを購入しない理由は何か? 健康保険だ。自己負担金がサプリメントの店頭価格よりも安ければ、治療薬を選択するのは当然である。また、NRの市場をサプリメント市場と治療薬市場に分ければ、金儲けの方法が増える。1つの製品に2つの異なる市場があるということだからだ。

それはおかしい、間違った動機ではないか、と思うかもしれない。

「反論はしません」と、米国栄養評議会(CRN)の会長兼CEOであるスティーヴ・ミスターは言う。しかし、合法なのだ。先にも述べた通り、サプリメントのラベルで特定の病気について触れない限り、企業はNRや魚油を栄養補助食品として販売し続けることができる。

病気の治療薬としてFDAから認可を取得するのは困難だ。しかしいったん認可が下りれば、同じ障壁が競争相手を締め出してくれる。栄養補助食品はその逆である。規制が少なく、参入障壁が低いので、競争相手が多い。したがって自社を際立たせる方法を探す。

Elysiumの戦略

Elysiumはノーベル賞受賞者と賢いブランド戦略によって差別化を図っている。同社はNRと、赤ワインに含まれるレスベラトロールに似た天然化合物・プテロスチルベンをChromaDexから購入し「Basis」として売り出している。

ほかの多くの企業も同様に、ChromaDexから購入したNRを独自ブランドとしてパッケージしなおしている。しかし、ElysiumのBasisは見た目が異なっている。他社は安っぽいプラスチックボトルを使っているが、Elysiumの錠剤はシンプルなデザインの白い容器につめられている。マルチビタミンというよりは高価な日本製フェイスクリームを連想させるものだ。しかも、ドラッグストアでは購入できない。

「同市場はかなり細分化されていて、先導できる人がいないのです」とElysiumのCEO兼共同設立者のエリック・マルコチュリは語る。「『このブランドが言うことは正しい、信用できる』と思ってもらえるブランドや企業が必要なのです」

Elysiumをそのようなブランドにするため、マルコチュリは素晴らしい実績をもつ科学顧問を採用することにした。科学顧問リストのトップをノーベル賞受賞者6名が飾っているが、ハーヴァード大学やイエール大学、スタンフォード大学、メイヨー・クリニックの科学者ら十数名も含まれる。

結局はブランドが物を言うのか

科学的に正確であることを誓っているにもかかわらず、Elysiumは人体でその効果が実証されていないサプリメントを販売し続けている。それも、高価なサプリメントをだ。

Elysiumの共同設立者である、MITのレオナルド・ガレンテ博士は、ヒト以外の証拠は納得のいくもので、その情報を提示して消費者に判断してもらいたいと言う。「いますぐ始める必要はありません。待ちたければ待ってください。わたしたちは摂取しています」

Elysiumには、製品に名前を載せるほど本腰を入れた科学者らがいる。しゃれた容器につめられ、多くの専門家らが協賛するElysiumの錠剤は、オンラインで販売されているNRのボトルよりもよいもののような気がする。

しかし、そう感じるべきなのだろうか? どの商品も、ChromaDexが生産したまったく同じNRなのだ。ブランド戦略とはパワフルなものである。

アメリカ国立衛生研究所(NIT)のボーアは、サプリメント推進勢力に対して不安を感じると語った。「有望なものだとは思いますが、栄養補助食品は規制がなされていません。FDAの認可の必要もなく、きちんとした審査を受ける必要もないのです」と、彼は話す。

もし、NRが人間の若返りを実現すれば、FDAはサプリメントとして、または治療薬として、その規制方法を決断するだろう。もしくはその両方として規制を行えば、顧客の支払いの最大化を目指す企業と保険会社の両方から喜ばれるかもしれない。

RELATED