大変! 目元に小さな小じわが…今日から始める目元ケア

写真拡大

みなさん、白雪姫の魔女のおばあさんを思い浮かべてみてください。目元がくぼんで、とても怖い印象ですよね。目は顔の印象を大きく左右する大切なパーツです。そして、年齢が出やすい部位でもあります。

今回は、日々のケアのちょっとした工夫から始める目元ケアをご紹介します。
目元の皮膚の厚さは約ラップ1枚分!
目元の皮膚は他の部位に比べとても薄く、潤いを保つ役割の角質層は約0.02ミリ。まさにラップ1枚分の薄さといわれています。皮脂腺もないため潤いを保つことができにくい部分です。

­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­

ガイコツを思い浮かべてみてください。目の周りは他の部位と異なり、支える骨がありませんよね。なので、たるみやくぼみ、シワなどが出来やすく、老化を一番感じやすいと言われています。

­

さらに、パソコンやスマホなどを長時間見ることで目の周りの筋肉が疲れやすく、血行が悪くなり、目元のたるみやしわ、くすみの原因にもなってしまうのです。

­

“目は口ほどにものを言う”という言葉がありますが、顔の中でもっとも疲れや年齢が出やすい部分。朝晩のスキンケアや目元のスペシャルケアで、いつまでも若々しい印象を保ちたいですね! 
ごしごしクレンジングは加齢の原因に!
1度のクレンジングで、全てのメイクを一気に落としている方は今日からストップ! ごしごしこすってしまうことで、エイジングのサインが加速してしまいます。

アイメイクは専用のリムーバーで落とすことを心がけましょう。メイク落としを使い分けることが、若々しい目元を保つ秘訣でもあります。

­

目元はマスカラやアイライン、アイシャドウとたくさんの化粧品を使う場所である上、とってもデリケート。アイメイクを落とす時のポイントは、たっぷりリムーバーをコットンに含ませて、しっかりとまぶたとまつ毛に浸透させること。この時、こすらずに、まずは数秒押さえて優しく下方向にスライドさせてください。

­

また、目じりの汚れは必ず縦方向にコットンをスライドさせましょう。目尻のシワは、ひげのように横にはえるためです。クレンジングの方法をほんの少し見直すだけで、エイジングサインの予防に繋がりますよ。
朝のちょっとした工夫で目元ふっくら!
目元のカサカサや、しわを隠したくてファンデーションなどを厚塗りしてしまうこと、ありますよね。するとシワの溝にファンデーションやアイカラーの粒子が入り込み、逆にシワを目立たせてしまうことに。

­

そんな時はたった3分でできる、朝の目元パックがおすすめです。お持ちの美容液かフェイスオイルを目元に塗り、その上から化粧水を染み込ませたコットンをのせます。時間は3分! 目元が保湿され、ふっくらしますよ。
簡単スペシャルケアでハリのある目元に!
目元は他の部位よりデリケートな上、まばたきもするため他の部位より筋肉の運動量も多いもの。その数、なんと1日1万回以上! とても負担がかかりやすいので、顔のほかの部位より丁寧なケアが必要になるのです。

­

簡単なスペシャルケアの方法としては、週に2回ほどお手持ちの美容液やアイクリームを目元に塗り、その上からホットタオルをのせます。温めることで美容成分が浸透しやすくなりますよ。次の日、アイシャドウやアイライナーが引きやすくなったと、実感できるはずです。

­

高い目元美容液を買うのは、長く続けられず大変ですが、毎日のクレンジングやお持ちのアイテムを生かしたスペシャルケアなら、今日から始められます! ちょっとの心がけで、白雪姫の魔女化を防げるので、ぜひ試してみてくださいね。

ピーンとハリのある若々しい印象の目元をキープしましょう。

­

写真© kei907 - Fotolia.com