スパーズ、デレ・アリと2022年までの新契約締結! 週給は2倍の730万円に!

写真拡大

▽トッテナムは19日、イングランド代表MFデレ・アリ(20)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』の伝えるところによれば、デレ・アリは今回の契約延長によって現行契約で受け取っていたサラリーの2倍にあたる週給5万5000ポンド(約730万円)を受け取ることになるようだ。

▽2015年1月にMKドンズから500万ポンド(約6億6000万円)の移籍金でトッテナムに完全移籍したデレ・アリは、加入初年度となった2015-16シーズンからすぐさまレギュラーに定着。公式戦46試合に出場し、10ゴール11アシストの華々しい活躍を披露し、PFA選出の年間若手最優秀選手賞を受賞した。

▽また、トッテナムでの活躍を受けて、2015年11月にイングランドのフル代表デビューを飾ると、ユーロ2016にも出場していた。

▽トッテナムとデレ・アリは、今年1月に2021年までの新契約を結んでいたが、それから8カ月後に条件面を改善した新たな6年契約を結ぶことになった。

▽マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下、攻守両面で魅力的なスタイルのフットボールを展開するトッテナムは、ここ最近デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、イングランド代表MFエリック・ダイアーとの契約延長を発表しており、今回のデレ・アリに続いて、近日中にイングランド代表DFカイル・ウォーカー、イングランド代表FWハリー・ケイン、アルゼンチン代表MFエリック・ラメラとの新契約締結を発表する見込みだ。