クッセ〜!2位ワキ…男が告白「実は臭いが気になる彼女のパーツ」TOP3

写真拡大

女性だって汗もかけば皮脂も出ます。「でも私、お風呂でちゃんと洗っているし大丈夫! 臭いわけない」と安心しているそこのあなた……危険です! 男性は女性から放たれる悪臭に、密かに幻滅していることが判明。

そこで『VenusTap』は、男性500人に「彼女のニオイが気になった経験のある身体のパーツ」についてアンケート調査を実施。今回はアンケート結果とともに、TOPにランクインしたパーツのケア方法をご紹介します。

■ニオイが気になった彼女の身体パーツTOP3

500人の男性を対象に「彼女のニオイが気になった経験のある身体のパーツを教えてください(複数回答可)」というアンケートを取ったところ、TOP3は下記の結果になりました。

3位・・・デリケートゾーン(21.4%)

2位・・・ワキ(21.6%)

1位・・・口(22.0%)

なんとワキを押さえて、1位は「口」! おしゃべりしたりキスしたり、その度に臭っていたら彼に幻滅されてしまうのも至極当然。

どのパーツも、全然ケアしていないという人はいないでしょう。気にかけているのに臭ってしまう、“キレイなつもり”の場所が男性をがっかりさせてしまっているよう。彼に「クサッ!」と思われないために、これらのパーツの正しいケア方法を確認しておきましょう。

■女性の悪臭パーツTOP3の正しいケア方法

では、彼との距離が遠くなってしまう前に、臭いがちなパーツのケア方法をマスターしましょう。

(1)デリケートゾーン

デリケートゾーンをまったく洗わないというのは論外ですが、洗い過ぎもニオイやトラブルのもと。ボディソープでついでに洗っている人が多いかもしれませんが、これはNG。

一般的なボディソープはアルカリ性。しかし、デリケートゾーンは弱酸性。そのため、必要な常駐菌まで落としてしまい、ニオイが悪化したり肌が黒ずんだりする原因に。

そこで、デリケートゾーン専用石鹸を使いましょう。デリケートゾーンに適した弱酸性になっていて、ニオイケア成分も配合されているのでおすすめ。必要なうるおいを保ちながら清潔に洗えるので、ぜひボディソープと使い分けて。

洗うときは、シワの間に溜まりがちな汚れやアカに注意しながら、こすりすぎないように石けんをよく泡立てて丁寧に洗いましょう。きちんと清潔に保たれているか、ときどき鏡でデリケートゾーンをチェックしてみて。

(2)ワキ

デリケートゾーンと同様に、ワキも洗い過ぎには注意。ゴシゴシ洗ったりこすりすぎたりすると、皮膚にもともと存在する常在菌まで落としてしまい、ニオイの元となる菌が増殖してしまいます。

臭うのが心配なときは、ニオイケア成分が入ったソープを使うとよいでしょう。また黒ずみも気になるときは、古い角質をケアできる酵素入り石けんを使うのがおすすめです。

デート前にニオイを防ぐために、デオドラントスプレーを使う人もいるでしょうが、スプレーよりもニオイケア成分がより肌に密着するロールオンやバータイプの方がベター。スプレーは背中など広範囲用にしましょう。

(3)口

しっかり歯みがきをしているつもりでも、臭うことがあります。歯ブラシ以外にも、口内洗口液で口をすすいだり、歯間ブラシを使たりするとよいでしょう。

また胃が荒れているときや、食べたものによっても口臭が発生します。食べ過ぎに注意して胃を健康に保ったり、デート前にはバナナやコーヒーなどの口臭の原因になる食べ物を避けたりしましょう。

男性がクサッと思っている女性の身体パーツ上位は、丁寧なケアが必要な部分ばかりでした。意識していないと悪臭を放ちがちなので、ぜひ上記を参考にケアを見直してみてくださいね。