気分で選びたい。感情とファッションをリンクさせる秋アイテム

写真拡大

夏が終わって衣替えの季節。

この秋は、トレンドとか似合うかどうかとか関係なく、「自分がどういう気分になりたいか」を大切にして服や小物を選びたい。

その方が、きっとモノに対しての愛情も深まるし、いつも自分の心に正直でいられるからです。

サーモンピンクの長袖シャツが、私を秋へスライドさせる

いまじわじわきているのが、ピンク。とくに、柔らかい印象のサーモンピンクは、秋の落ち着いた気分にマッチします。ピンク×長袖シャツを取りいれるだけで、上品できちんとした大人の着こなしに。

>>この記事を読む

ブルーの際(きわ)コーデで、夏から秋へ半歩踏み出す

20160826_blue_top.jpg

秋に向かって少しずつ景色が変わっていくこれからの時期。何かと何かの境目にいつも存在する「際(きわ)」を、コーデにも取り入れたくなります。なかでも挑戦しやすいのが、青のグラデーションコーデ。秋のきれいめファッションを実現してくれます。

>>この記事を読む

秋になじむベージュ。街にも肌にもなじませる

20160831_beige_top.jpg

どんな色ともケンカすることなく、絶妙に合うのがベージュ。脇役としても、主役としても、秋のコーデを引き立ててくれます。きれいめにもカジュアルになるので、まさにベージュは変幻自在の万能カラーなのです。

>>この記事を読む

手ぶら万歳。私はミニバッグで自由を手にいれる

20160902_zozo_bag.jpg

少し肌寒いくらいのいまの季節は、ぷらっとどこかに散歩に出かけたくなります。そんなときは、手ぶらがいい。両手が自由だと、動きもスムーズになるし、なんだか気持ちにも開放感が出るから。両手が空く、秋のファッションになじむミニバッグ、見つけました。

>>この記事を読む

秋準備。気づいたら黒のショートブーツばっかり選んでた

20160911_boots.jpg

秋。足元にもってきたいのは、ショートブーツ。ロングスカートだって、ブーツはショート丈を合わせれば、全身のバランスがすっきりします。色は黒で、全体の雰囲気をキュッと締めて、シャープな印象に。

>>この記事を読む

感情とファッションをリンクさせる。そんな基準で秋のコーディネートを考えていたら、アイディアがたくさんあふれてきました。

写真/Shutterstock 文/グリッティ編集部