左上から時計回りに新井浩文、菜々緒、安田顕、早見あかり、佐藤二朗 (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大 (全2枚)

小栗旬主演、福田雄一監督で実写映画化される『銀魂』に、新たに堂本剛が出演することが明らかになった。

小栗旬主演で『銀魂』を実写映画化。原作者「コケてもいいから見てみたい」

本作は累計発行部数5000万部以上の、週刊少年ジャンプが誇る天下無敵の痛快エンターテインメント・コミック「銀魂(ぎんたま)」が原作。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていたパラレルワールドの江戸が舞台。主人公は、そんな時代に己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時で、彼とひょんなことから出会った仲間の身に起きる様々な事件を描いた作品だ。

主人公の坂田銀時役を小栗が演じるほか、菅田将暉(志村新八役)、橋本環奈(神楽役)、長澤まさみ(新八の姉・妙役)、岡田将生(桂小太郎役)、ムロツヨシ(平賀源外役)、中村勘九郎(近藤勲役)、柳楽優弥(土方十四郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)と、豪華キャストがすでに発表されているが、新たに超強力なキャストたちが追加となる!

まずは堂本。2005年公開映画『ファンタスティポ』以来12年ぶりの映画出演となる彼が演じるのは、銀時のかつての仲間で最大のライバルの1人である高杉晋助役。妖艶な魅力と実力を兼ね備えた攘夷過激派武装集団<鬼兵隊>を率いる頭領であり“最も危険な男”と称されるキャラクター。剣術の達人でもあり、銀時と堂本率いる<鬼兵隊>との壮絶な激闘シーンも登場。アクションシーンには小栗の提案で、韓国からアクション演出チームが招聘され、最高のアクションが撮影された。2人の対決シーンにも注目だ。

本作出演に堂本は、「監督に『堂本剛に悪役を演じさせたい』と言われ、キザクールな高杉と僕のギャップをどう埋めてプラスにするのか監督と話し合いを重ねる内に、出演が決まっていました。人気キャラを演じる重圧に耐えながら撮影に臨みました」とコメント。三味線を弾くシーンにも挑み「座って練習していたところ、監督から撮影2日前に『立って弾いてほしい』と言われ、本当無茶振りばかりで…」と困惑した様子で、アクションシーンについては「殺陣は10代ぶりでしたし、何せ小栗くんは背が高いので大変でした」と役作りや撮影での苦労話を口にした。

同じく<鬼兵隊>の危険人物で、人斬り似蔵の異名を持つ岡田似蔵役を新井浩文、同隊の中でも飛び抜けた策略家である武市変平太役を佐藤二朗、二丁拳銃の使い手で“紅い弾丸”と呼ばれる美女、来島また子役を菜々緒が演じる。また、名刀“紅桜”を生み出した江戸一の刀匠・村田仁鉄の息子・村田鉄矢役を安田顕、同じく村田仁鉄の娘で兄の鉄矢とともに亡き父の跡を継ぎ、刀鍛冶屋を営む村田鉄子役を早見あかりが演じる。

本作の見どころの1つとなるアクションシーンでの登場が多い新井は「福田組なのに…『銀魂』なのに…ウチはギャグゼロで戦っていたので不安と不満と疲労の3つでした。従来のチャンバラとは違うアクションになっているのでぜひ見て下さい」とコメント。

福田作品常連の佐藤も「福田にとっておそらく最初で最後の大作ですので、まあ奴を支えてやるか的な気持ちで参加しました(笑)。僕は福田組の常連とよく言われますが、毎回が勝負だと思って全力でふざけています」と常連らしい発言。

菜々緒は「原作のキャラクターはビジュアルが強烈なので、私にできるか不安だったのですが、難しい役だからこそ挑戦したいと思い精一杯演じました。繊細なデザインで衣装を手作りして頂きましたし、私自身も役に少しでも近づけるように頑張りました」と手応えを語っている。

『銀魂』は9月上旬にクランクアップを迎え、2017年全国公開となる。