スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあることをご存じでしたか?

ロドニー・ミューレンの再来

彼は、わずか13歳にして世界レベルとまで言われる「フリースタイル」ボーダー、ISAMU YAMAMOTO。普通に滑るのではなく「こんなこともできるよ、こんな滑り方もあるよ」と、クリエイティビティを競う分野で、世界中から注目されているんです。

このフリースタイルの世界的なレジェンドでもあるロドニー・ミューレンは、11歳でプロデビュー。現在彼は50歳で、長らくミューレンの次の世代は生まれてきませんでした。フリースタイルトリックはミューレンが興したとも言われるほどですが、ISAMU YAMAMOTOは、まさに「彼の再来」と騒がれているんです。つまり、40年来の天才ってわけ!

どれだけ高いところから、難しい技を繰り出しながらジャンプできるか、などを競う分野がスケートボードではメインストリームですが、ISAMUの取り組むフリースタイルは、それらよりもさらに創造力が試されます。

 

板を横にして滑ったり、

アクロバティックな身体の動きを取り入れたり、

スピントリックは、まるでアイススケートのよう…。

ダンスのような新トリックを猛烈な頻度で開発しているところも、世界から評価されているポイント。

これなんて、2枚のボードを使ってます。

剣玉との合わせ技!

そして、これまでのデッキ(板)グラフィックは、自分で描いてきたと言うからアーティスティックな一面まで。

こちらは、ISAMUが2016年の5月に出場した世界大会「World Round-Up Freestyle Skateboard Championships」のセミファイナル。プロクラスで出場したISAMUは、1位と僅差で、世界2位を勝ち取りました。

東京オリンピックでは、スケートボードが競技に承認されていますが、どういったルールになるかはいまだわかっていません。ただ、主流から少し外れてはいるものの日本に世界の頂点を狙える13歳の少年がいるというだけで、きっと流れは大きく変わってくるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Isamu Yamamoto