18日、台湾の女優リン・チーリンが、富豪からの求愛や、元恋人の俳優ジェリー・イェンとの復縁といった最近の報道を全て否定した。

写真拡大

2016年9月18日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が、富豪からの求愛や、元恋人の俳優ジェリー・イェン(言承旭)との復縁といった最近の報道を全て否定した。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

今年42歳のリン・チーリンは、台湾の人気女性タレントの中で「剰女(売れ残り女性)」ビッグ3の一人に数えられる。しかし、このビッグ3からルビー・リン(林心如)とスー・チー(舒淇)が電撃婚により相次いで脱出したことで最後の一人になり、注目の的に。最近では、資産100億台湾ドル(約320億円)を超える富豪が猛アタックしているとの報道や、元恋人のジェリー・イェンと復縁したとの報道も飛び出した。

18日、イベントに出席したリン・チーリンは、これらの報道について全て否定。「ニュースに登場する女性の人生って、ものすごくゴージャスでキラキラしてるけど、誰のことを言ってるのか全然分からない」と、報道の中で知らない自分が一人歩きしている姿を皮肉を込めて表現。「今、私の周りには本当に誰もいないの」と、シングルであることを強調している。

中秋節の連休にはデートの相手もいないため、「親戚の子どもたちのお世話係をしていた」と語っている。「ニュースに書いてあった『特別な人』ってどこにいるのか逆に聞きたい」などと話し、集まったメディア記者たちを苦笑させていた。(翻訳・編集/Mathilda)