写真提供:バニラエア

ANAグループのLCCであるバニラエアは、2016年12月25日(日)より「東京(成田)=セブ線」の定期便運航を開始する。

東南アジア2路線目はセブ島


ANAホールディングス100%出資のバニラエアは、グループのレジャー・リゾート路線の開拓を担うLCC。そのバニラエアが、2016年12月25日(日)より新たに東京(成田)=セブ線の運航を開始する。1日1往復の定期便で、運賃は片道14,890円〜。

今回の新規就航で、バニラエアの国際線は7路線目に。2016年の9月に就航を開始したベトナム・ホーチミンに加え東南アジアでは2都市目となり、海外ビーチリゾート路線としては同社初就航となる。

運航スケジュールは以下の通り。
 
東京(成田)=セブ
JW603 13:20発 17:35着 (2016年12月25日〜2017年2月18日)
JW691 14:45発 19:00着 (2017年2月19日〜2017年3月25日)
 
セブ=東京(成田)
JW602 10:55発 16:25着 ※2016年12月26日〜2017年3月25日

 
成田から片道約5時間、時差1時間というアクセスの良さが魅力のフィリピン。気温も年間を通して平均26〜27℃と過ごしやすく、美しい海に囲まれたセブ州は、ビーチリゾートとしてだけでなく、学生や社会人の語学留学先としても近年注目度を高めている。それらの需要に応える形で実現した今回の新規就航。

LCCならではの低価格帯を保持しながらも、ANAグループとしての安全性とハイレベルなホスピタリティを兼ね備え、高度な運航品質を提供していく。

バニラエア
https://www.vanilla-air.com/jp