告白して付き合うのは日本人だけ!? 海外の恋愛「デーティング」とは

写真拡大

日本では、何度かデートをして、そのあと「好きです。付き合ってください」からお付き合いが始まるのがスタンダードですよね。

「日本のモテテク、通用しねぇ…!」“外国人男性”を振り向かせる恋愛テク4つ

でもその習慣って、日本と韓国だけなど、一部の国だけなのは知っていました?

世界的に見れば、大人の恋愛は告白してから改めて彼氏・彼女になるのは逆に不自然な行為のよう。

その代わりに、海外の恋愛は「デーティング期間」を設けているところが多いのです。

「デーティング期間」って!?

アメリカやフランスなどの海外では、付き合う前にデーティング期間があるのが一般的。

これは、気になる異性とデートを重ね、彼氏彼女になりたいかをお互いに見極める期間なのですが、驚くべきことに、この期間中には大概のケースはキスやセックスも含まれています。

でも正式に付き合っているというわけではないのです。

どこまでOKなの?

デーティング期間は、ほぼ付き合っているのと同じような感じのことをします。

人によりますが、連絡はほぼ毎日取り合い、週に何度かデートを重ね、キスやセックスをする人たちもいます。

でも、確実にお互いを彼氏・彼女と認識しているわけではないので、他の異性とデートするのもOKだそう。

付き合っているみたいだけれど、どこまで突っ込んでいいのかわからないので、日本の恋愛に慣れていると、デーティング期間に困惑する人も多いようです。

「告白」より自然な形かもしれない「デーティング」

もし外国人の彼と知り合いになって、何度かデートを重ね、告白がなくキスされた!となっても、すぐにチャラい男と決めつけない方がいいかもしれません。

告白以外の、他のところで誠実さを見極めるべきです。

相手のことをもっと知りたい、と思うと、スキンシップやデート、毎日の連絡が増えていきますよね。改めて告白しないのは自然なことかもしれません。

終了宣言なし!デーティング期間はいつ終わる?

始まりの宣言もなければ、終わりの宣言もありません。「じゃあいつ終わるの!?」と言いたいところですが、デーティング中の人たちもみんな思っています。

どれくらいの期間かは、ケースによるそうで、短ければ1か月弱、長ければ半年にも渡るようですよ。

キスやセックスをしながらも、自分が相手にとってどんな存在か曖昧なまま半年も過ぎるなんて、辛すぎますよね。

できれば早く終わらせたいところですが、その終わりがわかるのが「彼が友達に自分を彼女として紹介するとき」なんです。

友達も含めたディナーのときに「彼女は僕のガールフレンドなんだ」と紹介されたとき、「デーティング期間終わったんだ!彼女になれたのね」とやっと喜ぶことができます。

それまでの毎日はかなりやきもきしそうですよね。実際デーティングを経験した日本人女性のほとんどが「彼はどういうつもりなの!?」「わけわからない!」と感じるそうです。ときめきを維持できるかもしれないですが、ちょっと大変そうでもありますね。

デーティングが終わったあとのお付き合いはとても深くて幸せ

デーティングは、大変なことばかりではありません。相手のことをしっかり考える期間なので、終わった後のお付き合いは、日本での付き合いよりかなりつながりが強いです。

同棲をすぐに始めるカップルもいますし、そうでなくても、家族や友人にたくさん紹介されたりと、一気に絆が深まります。

彼女としてとても大事にされますし、愛されている実感を毎日感じることができるんですよ。


恋愛は、自分以外の他人に最も深く接する機会と言っていいかもしれません。その恋愛をするにあたって、文化の違いは大きいですよね。

この「デーティング」にしろ、他の生活習慣の違いにしろ、そこに惑わされずに、しっかり相手のことを見極められるといいですよね。