福山雅治

写真拡大

映画『SCOOP!』の完成披露舞台挨拶が9月18日に渋谷ヒカリエホールで行われ、主演の福山雅治をはじめ、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー、大根仁監督が登壇した。福山は昨年結婚。今年、妻の吹石一恵が妊娠したことを立て続け発表したが、ファンからの熱い声援は健在。フォトセッションで会場中央からぐるりと360度に手を振ると、客席からは絶叫に近い歓声が上がっていた。

この記事(『SCOOP!』完成披露舞台挨拶)のその他の写真

本作は、『モテキ』や『バクマン。』の大根仁監督が、1985年に劇場公開された『盗写 1/250秒』を原作にした作品。芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマン(福山雅治)と新人記者(二階堂ふみ)の奮闘を描く娯楽作だ。

颯爽と登壇したキャスト陣。福山の隣に立った吉田は「生福山にみなさん興奮していると思いますが、私も撮影以来、久々にお会いして興奮しています」と発言し会場を盛り上げる。大歓声が上がるなか、“芸能界一撮られない男”の異名を持つ福山は「僕も職業がら、尾行されることはありますが、大根監督からもらった資料を見ていると、分かりづらく追いかけたり、大胆だったりと興味深いですね」と素直な感想を述べた。

大物芸能人だけに常に周囲からの視線を感じるだろう福山だが、役作りのために、劇中で福山演じる都城静の衣装をほぼ1ヵ月間着て生活したという。その衣装は革ジャンにアロハシャツという、一見するとヤバイ奴。「ほとんど街中で気づかれませんでした」と福山が苦笑いを浮かべながら語ると、リリーが福山と2人でスカイツリーに行ったというエピソードを明かす。

スカイツリーでもほぼ気づかれなかったという福山は、フラっと立ち寄ったスポーツ用品店で、店主から「男前だから俳優にでもなったら?」と言われたという。そこですかさずリリーは「この人俳優になれますかね?って聞いたんですよ」というエピソードを披露し、客席を沸かせていた。

『SCOOP!』は10月1日より全国東宝系にて公開となる。