でかっ!過ぎるモンブランにびっくり!食欲の秋にぴったりの「でかっグルメ」バイキング

写真拡大

大阪新阪急ホテルの老舗グルメバイキング「オリンピア」は季節ごとに趣向を凝らしたフェアを用意して楽しませてくれるでいつも注目しているのだが、9月1日からスタートした「でかっ!過ぎるグルメ大集合 〜でっかい秋、みぃつけた〜」では、その名の通り「大きさ」のインパクトにこだわったメニューが多数用意されているという。

また、「グルメバイキング オリンピア」では“パフォーマンス・デザート”と称し、ド派手な演出とともに提供されるスイーツも一つの目玉になっており、今回も「びっ栗モンブラン」という名前のインパクト大なメニューが用意されているそうだ。

そんな情報を耳にした以上、この目と舌で確かめずにはいられない! 十分にお腹をすかせた上で行ってみることにした。

■いたるところに「でかっ」なメニューが並ぶ

会場入り口正面には「マルシェ・キッチン」と題された、色とりどりの野菜が並ぶサラダビュッフェが用意されているのだが、そこでドーンと出迎えてくれるのが直径約14センチにもなるという「ジャンボマッシュルーム」だ。
この大きなマッシュルームを使ったメニューが「ジャンボマッシュルームの洋風サラダ寿司」。さわやかな酸味がマッシュルームの風味を引き出してくれる、前菜としても最適な一品だった。

また、「松茸の雑炊 大きな土瓶で茶漬け仕立て」コーナーには「えっ!これが土瓶!?」と驚いてしまうほど巨大な土瓶が置かれ、目を引いていた。あっさりした味付けの奥に豊かな松茸の香りがふわっと漂い、絶品だ。

中国料理コーナーでは、「ほんま“デッカ”酢豚」というメニューが提供されている。約2キロの巨大な豚肩ロースの塊を豪快に切り出して目の前で仕上げてくれる贅沢な一品で、見た目のワイルドさとは裏腹に味付けは繊細でお肉もすごく柔らかい。

また、同じ中国料理コーナーの「大鍋焼き餃子」も、一気に約50人前を焼き上げるというジャンボなメニューだ。外側パリッ、中はモチモチという理想的な餃子でパクパク食べてしまった。

この他にも、総重量約1.2キロの「大判だし巻き 松茸ご飯のイクラちらし」や、1つ作るのに10尾以上の海老を使うという贅沢な「海老のいかだフライ リゾットサンド」など、見た目と味の両面で楽しませてくれるメニューがたくさん用意されている。

■栗が飛び出す!「びっ栗モンブラン」

美味しい料理を堪能していると、会場内の明かりが暗くなり、パフォーマンス・デザートがスタートすることを告げるアナウンスが流れた。
急いでデザートコーナーの前に駆け付けると、スクリーンに日本地図が表示され、謎の巨大な三角形が大阪に出現する様子が映し出された。

スクリーンが上がると、その向こうから白い三角形が登場。プロジェクションマッピングで、そこに富士山が映し出され、そこに栗が降り積もっていく。

最後は三角形がカパッと開き、中から実際に栗が飛び出す仕組みになっている。なんとも派手なパフォーマンス。

この巨大な三角形が、モンブランの由来であるアルプス山脈の「モンブラン山」をイメージした「びっ栗モンブラン」である。山の斜面から削り取るようにして提供される様子も面白い。、2種類の栗ソースを使って風味を引き立てており、栗本来の素朴な味わいをなめらかな食感とともに感じさせてくれる。ふわふわ食感でいくらでも食べられる美味しさだ!

「びっ栗モンブラン」のパフォーマンスはフェア期間中の各回に1度ずつ行われる予定。インパクトのあるパフォーマンスと、繊細な美味しさとのギャップをぜひみなさんも味わって見て欲しい!

「教えて!goo」では「秋に食べたくなるものといえば?」への回答を募集中だ。

【店舗情報】
「グルメバイキング オリンピア」
住所:大阪府大阪市北区芝田1−1−35 大阪新阪急ホテル地下1階

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)