青木愛

写真拡大

18日放送の「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」(テレビ朝日系)で、元シンクロナイズドスイミング選手で五輪代表だった青木愛が、現日本代表ヘッドコーチ・井村雅代氏の選手思いな素顔を明かした。

番組では「12年ぶりメダル奪還 シンクロ井村コーチ感動物語」と題したVTRで、リオ五輪に挑んだ井村コーチと選手たちを特集していた。

スタジオの青木は中学2年生から、井村コーチが運営する井村シンクロクラブに所属していた経歴の持ち主。VTR後には「選手に対する愛情が人一倍あるなっていうのを感じました」と胸中を明かし、井村の愛情深さにまつわるエピソードを語った。

青木は日本代表だった当時、肩を負傷したことがあった。当時井村コーチは中国代表のヘッドコーチに就任していたが、青木の通院にいつも付き添っていたという。リハビリでの練習も、マンツーマンで指導を行っていたそうだ。

このエピソードに共演者から驚きの声があがる中、青木は真剣な表情で「本当に、何より選手のことを、一番に考えてくださってる先生」と井村コーチについて語っていた。

【関連記事】
土田晃之がパラリンピックとオリンピックの開催順序の変更を提案
猫ひろしについたカンボジアのマラソンコーチ マラソン未経験者だった
卓球・水谷隼 結婚が報じられる福原愛の変化を指摘