ランドセルで通う上智大生が福祉を学ぶ理由が深すぎて考えさせられる

写真拡大

今春、上智大学(東京都千代田区)に入学した紗亜耶(さあや)さん(18)。

“早慶上智”と評される難関私大に一発合格したが、進学校どころか高校自体を卒業していない。

「小学校3年生から不登校でした」

振り返る表情は明るいが、それなりに遠回りを経験した。

英語、インド英語、フランス語を操り、調理師免許を持つ。キャンパスには薄桃色のランドセルで通い、携帯電話は持っていない。

現在、社会福祉学科で社会福祉士と精神保健福祉士の資格取得を目指す。

「学校は受け入れられやすい人が決まっている。なじめなくても自分に問題があると感じなくていい」と語る背景とは。

不登校のきっかけは「Lunch」

神奈川県横浜市出身。

一般的なサラリーマン家庭だったが、「これからはパソコンと英語だ!」という母親の教育方針により、1歳上の兄とともに幼児期から英語に親しむよう育てられたという。

「テレビもジブリのビデオも兄との会話もすべて英語。父と母は話せなかったんですけどね(笑)。風邪で小児科に行った時、待合室のテレビで初めて日本語のアンパンマンを見て衝撃的でした」

せっかく身に付けた英語を忘れないようにと、小学校も横浜市ではなく、帰国子女などを受け入れている川崎市の公立小を選び、家族で引っ越した。

イメージ画像 出典:Fotolia

イメージ画像 出典:Fotolia

その甲斐あって、2年生までは英語ができる子としてクラスの人気者。担任の先生からもよく褒められ、得意になっていたという。

ある時、「『お昼』は英語で何と言いますか?」と先生が皆に尋ねた。わかんなーいという声が飛び交う中、いつものように紗亜耶さんが指名され答えた。

さあやさん:「『Noon』です」

担任の先生:「えっ。『Lunch』でしょ?」

些細な行き違い。

だが、先生の驚いた表情、絶対に正しいと信じた自分の答えが否定されたことが、「学校が怖くなった」瞬間だったという。

「学校への不信感がすごかったんです。何かにつけて『先生たちはバカだから小学校で働いているんだ』と思って、先生を困らせたくて本気で校庭に隠れていました」

母の家庭教育もあって学校の勉強を簡単に感じたこともあり、教室から足が遠のいた。

2年生後半には、なんと「校長室」登校に。

校長先生はとても優しく仲良くなれたが、3年への進級時に退職。もう学校に行く意味がないと通わなくなった。

イメージ画像 出典:Fotolia

イメージ画像 出典:Fotolia

インド系インターナショナルスクールで学ぶ

転機が訪れたのは、不登校になって半年ほど経った8歳の時だ。

母に連れられ、兄とともに東京都内のインド系インターナショナルスクールに入学することになった。

入試問題はすべて英文。

算数は日本のカリキュラムの2年先を行くインド数学で、問いの意味が分かるのに数式を理解できず、一度は不合格になった。

しかし、スクールから渡された英語の教科書で猛勉強し、2週間後の再受験で合格した。

インターナショナルスクール時代の教科書を振り返る横山さん

インターナショナルスクール時代の歴史の教科書を振り返る紗亜耶さん

翌春から小学4年相当のクラスに編入して毎日、兄と一緒に電車を乗り継ぐ片道1時間半の通学。

訛りの強い独特の「インド英語」や膨大な宿題と出題範囲の広い試験、時に印刷の薄いシンガポール製教科書に四苦八苦しながらも、友人も多くできて中学3年まで楽しい6年間だったという。

精神保健のボランティアで覚えた違和感

紗亜耶さんが精神保健福祉士に興味を持ったきっかけは、小学生の時の経験だ。

小学4年ごろから母親とともに、精神障害者を支援する県内の団体でボランティアとして加わり始めた。

利用者の家族も運営に関わるその団体で、彼らの態度に違和感を覚えたという。

「本心は精神障害者と関わりたくないのに、そばを離れると何かしでかさないか心配する。まるで監視するためにいるようだった」

利用者本人たちを尻目に、家族同士ばかりで交流を深めているように見えたという。

ランドセルの裏に張られた時間割表には福祉科目が並ぶ

ランドセルの裏に張られた時間割表には福祉系科目が並ぶ

中学生になり運営に意見するようになると、団体と徐々に対立していく。

そのうち、利用者からの苦情が紗亜耶さんに集まるようになり橋渡し役をするように。しかし、大人たちは中学生の意見に耳を貸さなかった。

「中学生だからなめられていました。私がもっと力を付けてもっと勉強して解決しなきゃなと。当時、出入りしていた精神保健福祉士の資格を持つ人の言うことには施設の人もさすがに文句を言わなかったんです」

精神保健福祉士の受験資格を取れる大学を探し、いちばん難関の大学を出てやろうと決意したという。

中卒認定で一悶着、調理師学校から大学受験へ

目標を固め、スクールの勉強にしがみついて迎えた中学3年の夏。

大学受験まで3年間の使い道を考えた時、ボランティアで知った「食事と精神保健」の深い関係を思い出し、調理師の専門学校を志願した。

スクールは法律上で私塾扱いのため、受験資格を得ようと9月に神奈川県に中学校の卒業認定を申請。

約2か月後に届いた返信は「不受理」。すでに、その年度の中卒認定試験の応募が締め切られた後だったという。

イメージ画像 出典:Fotolia

イメージ画像 出典:Fotolia

両親が県庁や文科省、市教委などを巡り、12月になってようやく地元の中学校に籍を置けることになった。

面接対策のため1週間ほど、担任になるはずだった教員から指導を受けた。

「とても良い先生で、猫耳を付けて登校した私を受け入れてくれました。最後は卒業式に出よう!って言ってくれて」

校長室で他の不登校生を含む数人だけの卒業式。先生の涙が忘れられない。

無事に県内の調理師学校に入り、学園祭など「ようやく青春らしいことをして」学園生活を謳歌した。

卒業後、高校2年次にあたる16歳で高卒認定を取得。

川崎市の食育ボランティアの活動と並行して予備校で受験勉強にいそしみ、入試は上智大学一本で勝負した。

イメージ画像 出典:Fotolia

イメージ画像 出典:Fotolia

教科書のページを1枚の絵のように覚えて試験中に頭の中でめくったというから、その勉強ぶりが分かる。

合格した今、「上智大に合格したおかげで、周囲の見る目が変わったと感じます」と自信をのぞかせた。

「大学の授業がつまんない」という感想に衝撃

入学から半年余り。

ちょうど取材日に発表になった前期の成績を教えてもらったが、文句なしの好成績である。

「大学まで来て授業がつまんないって言う学生の多さに驚きました。それはあなたに予備知識や関心がないだけだろうって。レポートも面白いです。先生が言ったことに反論して、どんな顔しながら読んでるんだろうって思います」

整然と授業を書き留めた横山さんのフランス語のノート

整然と授業を書き留めた英語のノート

一方、すっごくカッコいいフランス人の先生がいるんです!とはしゃぐ表情からはごく普通にキャンパスライフを楽しむ様子がうかがえた。

ランドセルは機能的、スマホは面倒で手紙

「いろいろ面倒だから」と携帯電話は持たず、サークルや友人たちとは主にPCメールで連絡を取り合う。

そのアドレスも限られた友人だけに教えている。

「(他の知り合いに)どうしても連絡を取りたいなら手紙を書いてきてと伝えると、本当に書いてくる人がいる。ノートを貸してくださいって。すごい熱意なので、その時はマメに返します」

上智大学のキーホルダーを付けた横山さんのランドセル

上智大学のキーホルダーを付けたランドセル

ランドセルは受験勉強で図書館に通うために使い始めた。

小学校に入る際、岩手県の祖父が代金を出してくれたものだ。

「途中で使わなくなったので、磨いたらきれいになりました(笑)。学校に来る用のカバンだから、教科書やプリントもつぶれないし丈夫なので機能的です。海外で流行る前から使っているとアピールしてやりたくてしょっています。だんだん自分のモットーになってきました」

大学名入りのキーホルダーとカードを飾り、一応、大学仕様になっている。

留学生から記念写真を求められる場面をもしばしば。意外に教授陣からも評判が良いという。

学校になじめないことを問題に感じなくていい

最後に学校に通うことに悩む生徒に向け、メッセージをお願いした。

私が伝えるのは非常におこがましいですが、と前置きし、言葉を慎重に選びながら語る。

「学校は非常に狭い世界だから、受け入れられやすい人が決まっています。なじめないことを問題に感じるかもしれないけど、そこしかないわけじゃないです。

私は日本人の学校だと変な人だったんですけど、インド人学校に行ったら超普通の人でした。1回場所を変えてみればいいし、自分で変えられなくて本当にイヤになっちゃったら校庭に隠れて追放されてみてもいいと思います」

「学校は受け入れられやすい人が決まっている」と語る横山さん

「学校は受け入れられやすい人が決まっている」と語る紗亜耶さん

「私は周囲の人に、ほんとに恵まれてきました」

取材をそう結んだ紗亜耶さん。

今後の海外留学も視野に入れつつ、知人から紹介されたグループホームの非常勤職員として調理の仕事に励む。

安易に周囲に迎合しない姿勢は、確かな目標と高い学力、そして実体験に裏付けられていた。