18日、中国のバラエティー番組で衣類のパクリ疑惑が持ち上がった韓国の女優ユン・ウネが来年にも本格復帰するとの報道に、ネットユーザーが反感を示している。写真は「女神新裝」のユン・ウネ。

写真拡大

2016年9月18日、中国のバラエティー番組で衣類のパクリ疑惑が持ち上がった韓国の女優ユン・ウネが来年にも本格復帰するとの報道に、ネットユーザーが反感を示している。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

ドラマ「コーヒープリンス1号店」などで知られる人気女優ユン・ウネに、衣類のパクリ騒動が持ち上がったのは昨年秋のこと。中国のバラエティー番組「女神新裝」に出演し、複数の女性タレントとファッションセンスを競ったのだが、この時に発表した自作の服について、韓国人デザイナーが盗作だと訴えた。ユン・ウネ側では直ちに謝罪することなく、疑惑を否定し続けたことで激しい批判を浴び、年末になって初めてコメントを発表した。このパクリ騒動によるイメージダウンは深刻なもので、活動休止へと追い込まれている。

今年6月に中国リメーク版「コーヒープリンス1号店」にカメオ出演し、8月には中国で化粧品ブランドのイベントに出席した。まずは中国で活動再開したとみられるが、年内はこのまま中国での活動を続け、来年にも本格復帰すると報じられている。

しかし、この報道に対してネットユーザーからの反応はあくまで冷たいものとなっている。(翻訳・編集/Mathilda)