17日、中国雲南省玉渓市の撫仙湖は「雲南高原の明珠」と呼ばれるほどの水質の良さで知られる。このほどインターネット上に「湖畔で堂々と髪を洗う下着姿の中年女性がいた」との写真付きの投稿があり、物議を醸している。

写真拡大

2016年9月17日、中国雲南省玉渓市の撫仙湖は「雲南高原の明珠」と呼ばれるほどの水質の良さで知られる。このほどインターネット上に「湖畔で堂々と髪を洗う下着姿の中年女性がいた」との写真付きの投稿があり、物議を醸している。春城晩報が伝えた。

【その他の写真】

掲載された写真によると、下着姿の中年女性が人目を全くはばかることもなく頭を洗っており、周りの大勢の人たちも誰一人として気にする様子もなく、止めるそぶりもない。

撫仙湖は、水質基準が最高の「I類」とされ、下流域では多くの人の飲料水として使われる重要な水源だ。そんな場所で堂々とシャンプーを使って髪を洗う女性に、ネット上では「なんて恥知らずだ」「みっともない…」「まるで自分の家のようだ」「もはや風呂に入っているとしか…」「厚かましい」「『環境保護は、誰にも責任がある』と言うが…」など厳しい批判が多く寄せられている。

このほか「撫仙湖には温泉が自噴しているところがある。そのため、訪れたついでにお湯に浸かっているのだろう」とする声もある。

撫仙湖管理局は「見回りを強化する」としているが、実際には周辺に数多く存在するゴルフ場の農薬による汚染が深刻だという。

記事では、撫仙湖の浅瀬に車を乗り入れて洗車する例もあるとし、「この美しい姿の湖を過去のものにしてはならない」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)