秋の味覚「秋刀魚」の知られざる美肌効果

写真拡大

 この季節の“旬”といえば秋刀魚(さんま)。秋の味覚としては、栗やマツタケ、梨などに並ぶ美味しい食材です。塩焼きに大根おろし、すだちやレモンを絞ってシンプルにいただくのが、やっぱり一番美味しいですよね。

 そんな秋刀魚に実は老化防止効果や美肌効果があるのをご存知でしたか? 昔から多くの女性が秋刀魚を愛するのには、やはり理由があったようです。

 秋刀魚は青魚であるため、DHAやEPAという多価不飽和脂肪酸を豊富に含みます。血中の中性脂肪及び悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを高める働きがあるそうです。

 さらに、皮膚を強めるビタミンA、抗酸化作用のあるビタミンEと、美肌にも最適な栄養素があります。

 そしてみなさんに知っていてほしいのが、秋刀魚のワタには「レチノール」が豊富であるということ。レチノールはビタミンAの一種で、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあるんです。

 塩焼きの他、煮つけ、揚げもの、かば焼き、炊き込みご飯など、レシピの幅も広い秋刀魚。ぜひこの秋、ワタを含めてどんどん食べて美しくなっちゃいましょう!