関連画像

写真拡大

AV業界の問題点について女優ら当事者が考えるイベント「女が語る”AV業界” 〜現場から見るアダルトビデオの過去・現在・未来〜」(主催:ホワイトハンズ)が9月18日、東京・渋谷で開かれた。ドラマ物AVの脚本家・神田つばきさんは、「性の文化は誰のもの」という題で登壇。高齢ユーザーからのファンレターを紹介し、 AVとユーザーという視点から「出演強要」問題に触れた。

1959年生まれの神田さんは2児の母親。専業主婦だったが、ガンで子宮を全摘したことをきっかけに「今まで諦めていたことを全部してみよう」と離婚。39歳で業界入りし、AV女優やSM雑誌のライター、さらには自身のメーカー(制作会社)まで立ち上げ、性を探求してきた。現在はAVの脚本家や女性向けの上映会のプロデュースなどを中心に活動している。

神田さんは、一連の出演強要問題について、「報道では、AVがメーカーとプロダクション、出演者だけの問題のように見えて、違和感を感じています」と語る。その理由は、「ユーザーさんもすごく傷ついている」と思うからだ。「自分が好きな女優さんが、自分が『空砲』になるまで何かを打ちまくったその女優さんが、洗脳や強要をされていたと考えたら、悲しくて、すごく傷つくと思うんです」

神田さんは、強要問題が解決できないのであれば、「規制も仕方がない」と語る。だからこそ、自分たちだけでなく、ユーザーのためにも解決の糸口を探したいと考えている。

●84歳男性からのファンレター

神田さんがユーザーのことを深く考えることになったきっかけは、5年ほど前に、ある女優に届いた1通のファンレターを読んだことだった。送り主は84歳の男性。6歳年下の妻が性交渉を嫌がるようになり、80歳を超えてからAVをレンタルするようになったという。手紙には、「男性は80歳ともなれば、肉体的には衰えますが、女性に対する精神的な思いは一向に衰えません」「レンタル店にも、妻に相手にされない年寄りが、成人向けDVDを求めてたくさん来ています」など、高齢者の性の悩みが書かれていた。

男性にとって、その女優が出ていたAVは、過去に見た100タイトルほどの中でも最高のものだったそうで、女優の控えめな演技や表情の作り方に感動し、涙が止まらなかったという。作品が廃盤になっていて購入できないため、レンタル期間が切れる度にお金を払い、同じ作品を借り続けていることをつづっている。

神田さんは手紙を読んで、AVが孤独な人や寂しい思いをしている人にとって、重要なものだと分かったという。「一生、性のパートナーがいるとは限りません。結婚していても思う通りにできないこともある。アダルトコンテンツはすべての孤独な人たちのものではないかと思いました」

●女性をエロの客体から主体へ

一方で神田さんは、男性ユーザーがほとんどというAVの現状に疑問も抱いている。出演強要などのAV問題の背景には「女性差別」があると考えるからだ。「特に日本では、性の文化は男性が消費者側、女性が供給する側に固定されている。すると男性が女性を『消費物』のように見るようになる。それが続けば、強要問題のような被害がどんどん出てくる」。神田さんは、この構造さえ変われば、問題はより解決しやすくなることを訴える。

そのために必要なのは、女性が主体的に性を楽しめるようになることだという。神田さんは、女性を「エロの客体」から「主体」にするため、2011年から「東京女子エロ画祭」という企画をプロデュースしている。女性がエロスを表現した制作物を出品し、一般投票でグランプリを決めるというものだ。神田さんは「女性がAVを観たいと思う気持ちやエロについて関心を持つことが、後ろめたいことでありすぎる」と話す。

神田さんによると、20代の女性の多くは性的な興奮をAVではなく、スマホの「コミック」から得ているという。最近では、「女性向けAV」も登場してきたが、まだまだ数が少なく、年間万単位の新作がリリースされる男性向けと比べると、研究が足りていない。神田さんは女性向けAVの脚本執筆など、今後も女性が性の主体になれるような活動をしていくつもりだ。

講演後の質疑応答で、神田さんは「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN)など、強要被害者の支援団体に対し、「何がいけないと思っているか、すべて聞きたい。業界として変えていけるところと、変えたら産業として成り立たなくなるところがある。そこを明らかにする時が来たと思うんです」と対話を求める発言もしていた。

(弁護士ドットコムニュース)