気になる「お腹・背中」の引き締めに!寝る前1分ストレッチ

写真拡大 (全7枚)

寝る前のわずかな時間を利用して理想の体に近づける“スタイルアップシリーズ”、今回は“お腹・背中”の引き締めにスポットを当ててみました。

ヨガインストラクターの著者も実践しているの寝る前のストレッチ、早速チェックしてみてくださいね。

■背中とお腹の筋肉は連動していて、姿勢をキープするためにも大事!

スタイルアップやダイエットを意識する時は、お腹周りを一番に気にすると思いますが、お腹だけを意識して鍛えるのは実はとても難しいです。ウエストを細くすることはできても、腹筋をつけるとなると、なかなか結果を出せた人は多くないのではないでしょうか。

正しい姿勢を心がけることで体幹が鍛えられ、腹筋が引き締まってくるという記事は何度も書いていますが、腹筋と同時に背筋を鍛えることによって姿勢を美しく保つことが可能になります。

美しい姿勢は全身の筋肉を適度に刺激でき、スタイルアップには欠かせない要素。特に背筋は最重要部分で、背筋を鍛えて整えられれば、腹筋も同時に刺激することができるのです。

■腹筋と背筋を同時に刺激する“ウシュトラアーサナ”

(1)両膝をついた足を腰幅に開きます

(2)両腕を腰の少し下でお尻の上部に置いたら、肩を後ろに引いて肩甲骨を寄せましょう

(3)お腹と太ももの位置をまっすぐに揃えて準備します

(4)一度息を吐ききってお腹に力を入れたら、吸う息でお尻を前方へ押し出し背面を反らしていきましょう。

※ 注意ポイント

・太もものお腹の縦ラインは真っ直ぐに保つようにすることで、お腹の奥に力が入ります

・腰から前に押し出すと腰を痛め腹筋に効果が出ないので、必ずお尻から前へ押し出しましょう

・肩甲骨は引き寄せたまま、胸を押し上げましょう

(5)5呼吸ゆっくり深い呼吸でキープします

(6)お腹の力で上体を起こしていきます

(7)刺激が抜けるまで体を丸めて休め、2〜3回ほど繰り返します

■上級者ポーズ

(4)の状態から両手をかかとに下ろしていきます。腹筋に力を入れたまま、さらにお尻を前方へ押し出し、胸を押し上げていきましょう。

■ウシュトラアーサナは、肩こりや便秘にも効果的

肩甲骨を寄せて胸を開いていくことで、肩の凝りが軽減されます。さらに腹筋に力を入れた状態とお腹全体を伸ばすので、腸が刺激され、便秘解消効果も期待できます。

いかがでしたか? 体を反らすポーズはやりすぎると交感神経が活発になるため、寝る前は1分程度で行いましょう。日中の仕事などで猫背になった体も解すことができるのでオススメです。

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ SunKids / shutterstock