世界初!シャンプーの差し替え容器 紙パックを使った次世代型

写真拡大 (全2枚)

 シャンプーや洗剤の詰め替え用商品はエコで家計にも優しいが、毎回、中身を入れ替えるのがやや面倒・・・と思ったことがある人はいるはず。でも、この詰め替え式だったら、小さな子どもでも簡単にできそうだ。日本製紙は、紙パックを活用した新しい形のシャンプー詰め替え容器「SPOPS(スポップス)」を開発した。スポップスは、これまでの詰め替え式パウチ容器に代わる、“差し替え式”の紙パック容器で、外側のディスペンサー部分と内側のカートリッジ(紙パック)部分に分かれている。ディスペンサーから古いカートリッジを引き抜いて新しいカートリッジを入れるだけで、新しいシャンプーをセットすることができる。詰め替えにかかる時間は30秒以内とわずかだ。

 シャンプー液の使い残しを減らすため、カートリッジの底面が中央部に向かって深くなる構造になっているだけではなく、原料が再生産可能な木材で、従来のパウチ容器と比較して樹脂使用量を約35%削減できるというこの“次世代型”の詰め替え容器。なるべく早く商品化されることを期待したい。