人気ブーツ「UGG」と人気サンダル「Teva」が衝撃のコラボ!

写真拡大

ムートンブーツブームを巻き起こした南カリフォルニア発のUGG(アグ)と、アウトドアサンダルというジャンルを世界で初めて創り上げたTeva(テバ)が、なんとコラボレーション。

お互いの特徴を上手く組み合わせたブーツとサンダルは、今までに見たことのない斬新なモデルになっている。

 

[関連記事]自転車にもファッションを!FRED PERRY × narifuri のコラボウエア

 

■ムートンブーツとサンダル、異色の組み合わせがむしろスタイリッシュ!

 

実はUGGとTevaは、どちらも水辺から誕生したブランドだ。

UGGは1978年に、オーストラリア人サーファーが創設。彼の地元の特産品であるシープスキンを使ったブーツは、ゆったりとした履き心地で、1980年代半ばには南カリフォルニアのカルチャーの象徴的存在に。沿岸のサーフショップで人気となった。

日本に上陸後は、履きやすさと心地良さから瞬く間に人気に。ムートンブーツブームが巻き起こったのは記憶に新しい。

一方のTevaは、グランドキャニオンのリバーガイドが、水辺で脱げないようにとビーチサンダルに足首を固定するストラップを付けたことから始まった。1984年のことだ。

その後、さまざまな進化を遂げ、Tevaのサンダルは“テバサン”という通称が生まれるほど、アウトドア好きの間では定番の存在になった。

このふたつのブランドを象徴するモデルであるブーツとサンダルが、なんと融合したのだ。

「UGG/TEVA COLLAB - HYBRID」はパッと見、UGGのブーツらしいシルエットなのだが、よく見るとストラップが付けられ、ソールはTevaの定番モデル「ハリケーンXLT」と同じ仕様になっている。

20160919_UGG-Teva00

足首部分は、外側こそスポーティなテキスタイルが使われているが、内側にはUGGならではの天然ウールライニングが施され、UGGのスタイルでTevaのフィット感と履き心地を楽しめるようになっている。サイズは22.5〜29.0cmで、カラーはグレー、ブラック、ネイビーの3色。価格は4万1040円。

そして「UGG/TEVA COLLAB - SANDAL」は、Tevaのサンダルをベースに、表側がシープスキンで足側には天然ウールのライニングを施した、アッパーとヒールカウンターが付けられている。

20160919_UGG-Teva01

もちろん、ソールは軽量でしなやかなラバーソール。さらにフットベッド部分は、なめらかなカウスエードになっていて、快適な履き心地を実現している。サイズは22.5〜29.0cm、カラーはホワイト、ブラック、オリーブの3色。価格は3万240円。

UGG >> http://www.ugg.com/jp/

Teva >> http://jp.teva.com/

 

[関連記事]
今季のTevaは攻めてます!オシャレな新作サンダル一気見せ!

スニーカのような履き心地!ティンバーランドの新レザーブーツ

履けばジョジョ立ちしたくなる!? コロンビアとジョジョのコラボシューズ

(文/&GP編集部)