写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年9月15日〜18日の期間、千葉・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2016」。バンダイナムコゲームスブースでは18日、「アイドルマスター」シリーズのステージイベント『IM@S GAME SHOW 2016』が行われ、『アイドルマスター』より如月千早役の今井麻美、四条貴音役の原由実、『シンデレラガールズ』より島村卯月役の大橋彩香、渋谷凛役の福原綾香、本田未央役の原紗友里が出演した。

今回のステージでは、「アイドルマスター」シリーズを通して初となる単独海外公演「THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWAN」が2017年4月22日、23日に開催されることが発表された。会場となる台湾TICCは台北市にあり、台北国際会議センターの略。12月にシンデレラガールズも参加する「リスアニ!LIVE 台湾」と同じ会場で、収容人数は3,000人ほどと思われる。

第一弾として発表された出演者は『ミリオンライブ!』765プロ組より中村繪里子(天海春香役)、今井麻美(如月千早役)、 浅倉杏美(萩原雪歩役)、原由実(四条貴音役)、『ミリオンライブ!』ミリオンシアター組より山崎はるか(春日未来役)、Machico(伊吹翼役)、伊藤美来(七尾百合子役)、野村香菜子(二階堂千鶴役)、渡部優衣(横山奈緒役)。アイマス初の単独海外ライブとしても、765プロ組とシアター組ががっつり共演するライブとしても注目が高まるところだ。現地の言葉が日本語でも英語でもないと聞かされた原由実が台湾でのライブを実感して急にテンションを上げていたのが微笑ましかった。

○VRプレイ体験権争奪勝負は白熱の戦いに……!

大発表のニュース性に全部持っていかれた感じだが、今回のステージはあくまでもPS4『アイドルマスター プラチナスターズ』、iOS/Android『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』、PS VR『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』の3タイトルを紹介するステージ。様々なタイトルを扱うこともあり、今回のステージは765プロとシンデレラの双方からキャストが登場した。私服の声優陣がゲームをプレイしながらのトークを繰り広げるのは東京ゲームショウならではのテイストだ。

メインとなる3タイトルの中でも、一番注目度が高いのはやはり、10月13日に配信を予定している『ビューイングレボリューション』だろう。今回のステージで『ビューイングレボリューション』体験プレイ権を賭けて、原チーム(原由実、原紗友里) vs ノット原チーム(今井麻美、大橋彩香、福原綾香)が『デレステ』と『プラチナスターズ』で対決することに。特にやる気がみなぎっていたのが、この日のために『ビューイングレボリューション』に一度もさわらずに来たという今井麻美で、なんとしても勝つ気迫がすごい。一方の原由実は原紗友里にコツを教わりながら楽しくプレイしている感じだ。対戦では「ノット原」チームが見事勝利したが、原由実がちょっとずつコツを覚えてゲームが上達していく様子も微笑ましいもので、敗れた原紗友里は「もっと練習して次こそははらみーさんに勝利を捧げたい!」と意気込んでいた。

勝利したノット原チームの3人から1人が代表して『ビューイングレボリューション』を体験することになると、一度さわったことがあるという大橋は自主的にプレイを見る側に。福原にプレイを譲ろうともしていた今井だったが、じゃんけんの結果やはり今井がプレイすることになった。かなり大掛かりな装備を身につけてスタンバイする今井だが、「H.M.D」といえばアイマス最初期からの定番アイテムのひとつ。一般商品レベルまで実用化されたヘッドマウントディスプレイを今井が身につけているのはいつか見た近未来感がある。VRライブが始まるとそこは流石の「アサミンゴスP」ぶりで、心の底からVRステージを楽しんでいる様子に、福原もやっぱり挑戦するのは今井で良かったと言っていたほどだった。

プレイや告知の中では、『アイドルマスター プラチナスターズ』が10月5日に配信する第3弾DLCに新曲「アマテラス」、新衣装「月読華舞和装」が含まれることが初公開された。月や女神をイメージさせる曲と衣裳は四条貴音にぴったり。原由実は「和装でへそだしでミニスカは新しい!」とすっかり気に入っている様子だった。また、『ビューイングレボリューション』のメインビジュアルなどでアイドルたちが着用している黄色と白を基調にした活動的な衣裳名が「パーティタイムゴールド」であることも初めて紹介されていた。

ステージの最後は坂上陽三総合プロデューサーが「演者のみなさん、プロデューサーの皆さんと一年ずつきっちり、積み上げて行きたいと思います」と真面目にまとめると、周辺のブースに気遣った抑えめの音量での「アイマスですよ…アイマス…」の囁きでステージは終了となった。

(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(中里キリ)