16日、中国広東省東莞市の公安当局は、同市内の飲食店主が、国家保護動物のキングコブラを無許可で店内で加工販売したとして、条例に基づき処罰すると発表した。

写真拡大

2016年9月16日、中国広東省東莞市の公安当局は、同市内の飲食店主が、国家保護動物のキングコブラを無許可で店内で加工販売したとして、条例に基づき処罰すると発表した。国家林業局が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウントで明らかにした。

同店主は昨年10月、「広東省陸生野生動物経営准許証」の手続きを行わないまま、購入した約13キログラムのキングコブラを加工・販売した。(翻訳・編集/柳川)