▽明治安田生命J2リーグ第32節のV・ファーレン長崎vs北海道コンサドーレ札幌が18日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、0-0で終了した。

▽ここまで9勝12分け10敗で13位の長崎と、同21勝6分け4敗で首位に位置する札幌が激突。序盤は積極策を取った長崎がペースを握る。出足鋭い守備を見せる長崎は、早い攻撃から永井や梶川が早めにシュートへ持ち込んでいく。

▽ハーフタイムにかけても長崎が好勝負に持ち込む。長崎は札幌に主導権を渡さなかったものの、得点を奪いきることができず、0-0のまま前半を終えた。

▽迎えた後半、札幌は右サイドを起点に攻め込む。石井の仕掛けを中心にクロスに持ち込むが、なかなか都倉に良いボールを供給できない。

▽終盤にかけても札幌が勝ち点3を狙いにいくが、長崎もしっかりと耐えて失点を阻止。結局、試合はそのままゴールレスドローで終了した。