2位里田まい!男が「これぞ内助の功」と思う理想の芸能人妻1位は

写真拡大

“夫の活躍を陰ながら支える妻の功績”を表す、“内助の功”という言葉。共働き夫婦が増えた現代ですが、それだけに自分で仕事を持ちながらも内助の功を発揮する女性には、称賛の声があがりやすくなっています。

そこで今回『VenusTap』では、一般男性500名に「日ごろから内助の功を発揮していそうな女性芸能人」について独自アンケートを実施。男性が選ぶ、夫をしっかりと支えていそうな“理想の妻”は、一体誰なのでしょうか。

■最も内助の功を発揮していそうなのは“山口百恵”

<日ごろから内助の功を発揮していそうな女性芸能人ランキング>

1位・・・山口百恵(14.2%)

2位・・・里田まい(13.0%)

3位・・・小林麻央(6.0%)

4位・・・山口智子(5.6%)

5位・・・杏(5.4%)

6位・・・池波志乃(5.2%)

7位・・・上戸彩(5.1%)

8位・・・北斗晶(5.0%)

同率9位・・・原由子(4.2%)

同率9位・・・篠原涼子(4.2%)

男性が最も内助の功を発揮していそうだと思う女性は「山口百恵」でした。

「結婚を気に、一切人前に出ないで旦那さんを支えている。まさに内助の功のプロって感じ」、「三浦友和は歳を取るにつれいい役者さんになった。それも内助の功があってこそ」と、多くの人が夫の三浦友和を一生懸命に支えていると感じているようです。

■芸能界復帰をせず家庭で夫と息子たちを支え続ける山口百恵

山口百恵は、かねてから交際していた三浦友和との結婚を発表し、1980年に芸能界を引退してからというもの、メディアに一切顔を出していません。

時代的にも、まだまだ“結婚したら女性は仕事を辞めて家庭に入るべき”という社会的風潮がありましたが、それにしても同じ時期に活躍した歌手の森昌子や堀ちえみなどは、一時的に引退したものの、子育てが終わった段階でまた芸能活動を再開しています。

そんな中、一貫して芸能界には戻らずに家族を支える山口百恵は、女性から見ても控えめで“理想的な良妻賢母”という印象です。

山口百恵と結婚した頃の三浦友和は、“百恵ちゃんの夫”というイメージが強かったのですが、今では大物実力派俳優に成長。また、2人の息子である俳優の三浦貴大とシンガー・ソングライターの三浦祐太朗も、年々露出を増やしています。

これも家庭を守り続けている、山口百恵の内助の功によるものなのかもしれませんね。

■やんちゃに見える夫も、実は妻の手のひらの上?

今回ランクインした妻たちの傾向を見ると、やんちゃなイメージの夫を持っている人が多い印象です。

例えば3位の小林麻央の夫は、歌舞伎役者の市川海老蔵。今でこそ病気の妻を支える献身的な夫という印象ですが、結婚したばかりの頃までは暴力事件を起こすなどのやんちゃ夫でした。

いま、病と闘う小林麻央との夫婦水入らずの時を、大切に過ごしている様子がブログでも垣間見られますが、やはり自分を支えてくれていた妻の存在は大きかったようですね。

そして6位の池波志乃の夫は、ネジネジのストールでおなじみの中尾彬。大物ベテラン俳優でありながら、バラエティ番組や情報番組のコメンテーターを務めるなど、幅広い活躍を見せています。

しかし、若いころは不倫、離婚などのスキャンダルがあり、女遊びが絶えないやんちゃ男子でした。そんな中尾彬とのデートに、なんと池波志乃は中尾彬のために芸者を呼ぶという、寛容で粋な計らいをしたのだとか。

「女遊びもできない男はカッコ悪い」と斜め上をいく池波志乃に、中尾彬はぞっこん。考え方に賛否両論ありそうですが、ここまで自信を持って夫を遊ばせることができる妻ならば、逆に夫も妻から離れられなくなりそうですよね。

やんちゃな夫を手のひらの上でうまく操り、家庭を守るのは妻のおかげと思わざるを得ませんね。

いかがでしたか? 今は働く世代の男性の平均年収は正社員でも440万円程度。妻が完全な専業主婦というのは“少数派”です。

そんな時代に、“内助の功”という言葉は死語レベルに近いかもしれませんが、やはり家庭を上手に回すのは女性の力量。

平和で温かい家庭を築くためにも、ランクインした女性たちを参考に、内助の功を発揮できる女性を目指してみてはいかがでしょうか。

【画像】

※ NEW YORK, NY - SEPTEMBER 21: Masahiro Tanaka #19 of the New York Yankees pitches in the first inning against the Toronto Blue Jays during the game at Yankee Stadium on September 21, 2014 in the Bronx borough of New York City. (Photo by A Marlin/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN - MARCH 10: Anchor / TV personality Mao Kobayashi attends the POLA PR event on March 10, 2011 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)