15日、香港の俳優アンディ・ラウが、落ちぶれた香港の元アイドル女優に資金援助をしていたと報じられている。写真はアンディ・ラウ。

写真拡大

2016年9月15日、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が、落ちぶれた香港の元アイドル女優に資金援助をしていたと報じられている。東森新聞網が伝えた。

【その他の写真】

53歳の元女優ナム・キットイン(藍潔瑛)は、1980年代にアイドル女優として絶大な人気を誇った。アンディ・ラウはじめ、チョウ・ユンファ(周潤發)やトニー・レオン(梁朝偉)など、数々の人気俳優の相手役を演じ、当時の香港5大テレビ局を「制圧するほどの美貌」と絶賛された。

しかし90年代半ばから仕事が減り、交通事故を起こしてからは20年近くも芸能界から遠のいたまま。05年に自己破産してからは、精神面の不安定さや奇行がたびたび報じられ、街中で落ちぶれた姿をさらすことも。また数年前には、アイドル女優として活躍している頃、ある香港人俳優に性的暴行を受けたと自ら語って大きな話題になった。

そのナム・キットインの姿を見るに見かねたアンディ・ラウが当初、生活を援助するために10万香港ドル(約130万円)を渡していたと報じられている。しかし不幸なことに、アンディ・ラウの心尽くしのお金も窃盗に遭い、生活を立て直すための役には立たなかったとのこと。仲間思いの善人というイメージが強いアンディ・ラウだけに、ネットユーザーからは「胸が痛くなる話だ」などといった声が聞かれる。(翻訳・編集/Mathilda)