明治神宮前駅近くの「太田記念美術館」で、浮世絵師・歌川国芳(うたがわくによし)の展覧会「国芳ヒーローズ〜水滸伝豪傑勢揃」が開催中だ。国芳の出世作にして武者絵の傑作「通俗水滸伝」シリーズのほぼ全点に加え、国芳が手がけた「水滸伝」に関連する多彩な作品を展示している。

 そんななかTwitter上では、同展のとある絵が注目を浴びている。

 こちらの絵をよく見ると、画面の右端にじゃれる子犬たちが描れている。「水滸伝」の豪傑たちとはまったく関連性がないことから、大田記念美術館の公式アカウントは「スペースが空いてしまったのか」「動物好きの国芳らしい」とコメントしている。

 同展の開催期間は10月30日まで。なお、前期は9月27日に終了となり、10月1日からはすべての作品の展示替えとなる。

 国芳が描いた躍動感あふれる武者絵を楽しみながら、ほかにもかわいい動物が隠れていないか探してみてはいかがだろうか?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら