後ろ姿美人の秘訣!「背中痩せ」の簡単ポーズ

写真拡大 (全3枚)

”背中のたるみ”は”全身のたるみ”と同じと言っても過言ではありません。

背中の筋力は知らない間にどんどん落ちていき、そのたるみはどこまでも流れていきます。

そこでヨガインストラクターの筆者が、背中の脂肪を落とし、後姿を美しくする簡単ダイエットポーズを教えます。

■背中のたるみは二の腕に流れる

背中の筋力が萎えると脂肪がつきやすくなります。

背中は姿勢を支える大切な筋肉ですが、筋力が落ちてしまうと脂肪がどんどん前側や腰回りに流れていきます。特に二の腕のたるみが気になる人は、かなりの確率で背中の筋力が弱ってきている可能性大。

■背筋を鍛えると姿勢も良くなりバストアップにも!

背筋は姿勢を支えるために重要な役割を果たします。背中の筋肉が萎えると姿勢が悪くなり、猫背気味になってしまいます。猫背の姿勢は胸がつぶれバストが垂れたりデコルテが痩せてしまう原因にも。

背中の脂肪を取って背筋をピンと張れるようになれば、胸が引きあがりバストアップも期待できますよ!

■背中の脂肪を落とす簡単ポーズ

背筋を鍛えて背中を引き締めるヴィマーナアーサナ(飛行機のポーズ)にチャレンジしてみましょう。

●「ヴィマーナ・アーサナ」

(1)うつ伏せの姿勢で寝ます。

(2)両手を体の横に置き、肩から首をできるだけ引き離すように肩を下げ、首を伸ばします。

(3)息を吸いながら胸と背中の力を使って、上半身を起こしましょう。

このとき、肩は意識的に下げたまま首を長く伸ばし前方を見ます。

(4)次に息を吸うのタイミングで、両足の付け根を後ろへ引っ張るようにして足を引き上げます。

(5)体が弓のように反るイメージで5呼吸キープします。

(6)息を吐きながらゆっくり上半身と足を下ろします。

(7)上記の動きを5回ほど行いましょう。

マナヨガ1

●もっと効果を上げる為に

上体と足を引き上げた姿勢のときに、両肩を後ろへ回して肩甲骨を引き寄せてみましょう。背中にぐっと力が入り負荷が掛かります。肩が上がって首が詰まらないように注意してください。

いかがでしたか? 5呼吸キープするのが辛い場合は、呼吸に合わせて丁寧に体を引き上げたり降ろしたりを繰り返す方法でもOKです。

体の後ろ側全体が引き締まり、美しい姿勢も手に入りますよ!

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ Africa Studio / shutterstock