Doctors Me(ドクターズミー)- まだ間に合う!夏の日焼けによる肌荒れ対策!

写真拡大

無防備な日焼けはできるだけしないように、気を付けていらっしゃる方が多いと思いますが、夏の暑い時期などは開放的な気持ちになったり、塗ったはずの日焼け止めが汗で流れてしまったり、つい塗り直しを忘れたりして、うっかり日焼けをしてしまったという経験のある方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日焼け後の応急処置と日焼けによる肌荒れのケアについて、医師に解説していただきました。

セルフケアができない症状の場合はすぐに病院へ!

日焼けはしてしまったけれども、できるだけ後にダメージを残さずにきれいにしたい、と願うのはごく自然なことだと思います。
ただし、ここでお話しするセルフケアが可能なのは、以下の症状がない一般的な日焼けの場合です。

・強烈な痛み
・水ぶくれ
・頭痛

もし、非常に強い痛みがあって触れないような状態だったり、水ぶくれをもって赤く腫れあがっている、頭が痛かったり気分が悪いなどがあれば、早急に皮膚科を受診する必要があります。

日焼け後のケアは冷やす&保湿が基本!

基本的に、日焼けは軽いやけどと同じ状態と考えられます。日焼け後は以下のステップを行ってください。

1.冷やす
冷たい水やアイスパックなどを用いて、身体が寒くならない程度に火照った部位をしっかり冷やしてあげましょう。

2.保湿する
きちんと熱が取れたら、次に大切なのは保湿になります。先ほど述べたように、強烈な痛みがある場合は皮膚科に行く必要があります。ちょっとヒリヒリする、といった場合は、クリームや乳液はしみるので、油分の多い軟膏タイプのものを塗ると刺激が少なく保護できるでしょう。
しっかり保湿をしてあげることは、お肌の健康を取り戻し、ターンオーバーを正常にするためにも非常に重要なことといえます。もし、日焼けはしたけれどまったく痛みはない、といった場合には保湿化粧水や乳液を使って保湿してあげるといいですね。

3.水分をとる

水分を身体の中からもたっぷり補充してあげましょう。

内から外から肌を回復させるケアを!

応急処置後はお肌の回復を促すことを目指したケアを行いましょう。

たんぱく質
お肌のもととなるたんぱく質は、お肌のダメージを回復させるのに効果的

ビタミンC
美白効果で名高いビタミンCを含む食材を意識して摂るようにする

美白化粧品
さまざまなものがでていますので肌に合ったものがあれば使用する

日焼け止め
これ以上日焼けを重ねないように、日焼け止めをこまめに塗りなおす

紫外線ダメージの積み重ねによって、シミやしわ、たるみなどが現れることが知られていますので、一度かなり日焼けしてしまったなと思ったらしばらくは十分気を付けて繰り返さないようにすることが重要です。

医師からのアドバイス

夏になると、真っ黒に日焼けしているのも健康的で素敵ではありますが、本来の肌色より大幅に黒くなるくらい日焼けをするのはやはりお肌へのダメージが大きいもの。将来のために気を付けていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)