マルニ木工、皆川明のテキスタイルを使った新作家具を販売

写真拡大

 デンマークのテキスタイルメーカー「クヴァドラ(Kvadrat)」が発表した「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」のデザイナー皆川明による新作テキスタイルを使った家具がマルニ木工から登場した。9月26日までの期間、伊勢丹新宿店で先行販売しており、11月9日には全国発売を記念したイベントがマルニ東京で開催される。 皆川明のテキスタイルを使った家具の画像を拡大

 皆川明が手がけるテキスタイル「Akira Minagawa for Kvadrat」は、洗練されたパターンや緻密な刺繍、そして上品なニュアンスが特徴。今年のミラノサローネ国際家具見本市でも好評を博したという。マルニ木工ではコレクションの中から、ドットで構成された幾何学的なかたちを組み合わせたデザインの「Crystal Field」と、パターンのないシンプルでプレーンな織地を使った「Forest Nap」を採用。深澤直人が手がけた「HIROSHIMA」「Roundish」と、ジャスパー・モリソンによる「Lightwood」「Bruno」シリーズで対応している。■MARUNI COLLECTION with "Akira Minagawa for Kvadrat"期間:9月14日(水)〜 26日(月)場所:伊勢丹新宿店 本館5階=リビングルーム/家具