そろそろセックスについて語ろう、Netflixで:新作「Easy」予告編

写真拡大

Netflixの新しいシリーズ「Easy」は、愛と恋愛関係、そしてセックスをテーマにしたコメディ作品だ。

Netflixには本当に多くのオリジナルシリーズ、映画、特別番組があり、多くの場合、それらすべてを一つひとつ宣伝する時間がない。それは、9月22日の放映開始からたった1週間前に最初の予告編が流された、ジョー・スワンバーグ監督(「ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式」「ハンナだけど、生きていく!」)による、現代の人間関係に関する陽気な8エピソードのコメディ作品「Easy」についても言える。

「そろそろセックスについて語ろう、Netflixで:新作「Easy」予告編」の写真・リンク付きの記事はこちら

キャストは幅広く、オーランド・ブルームから、マリン・アッカーマン、マーク・マーロン、ググ・バサ=ロー、ハンニバル・ブレス、そしてスワンバーグ作品のレギュラーであるジェイク・ジョンソンまでが揃っている。各エピソードは30分。シカゴ周辺のさまざまな人間関係を生きるキャラクターたちに焦点を当てている──別の女性を探しているカップル、停滞した性生活にスパイスを加えている夫婦、デートを楽しんでいる中年の人たち、などだ。

INFORMATION

VOL.21特集「Sex in The Digital Age」より転載

2016年2月10日発売の『WIRED』日本版に掲載した特集から、話題のコンテンツを順次公開! 「セックスとテック」にまつわる7つの“投書”から、オキュラス・リフトがポルノにもたらすものや、セックスのない愛まで。関連記事は、こちらより。