夏の揚げものは大人気!お酒に合わせる際は魚介と野菜でヘルシーに/調理=後藤加寿子 撮影=岡本真直

写真拡大

おかずはもちろん、おつまみにぴったりのレシピをご紹介。いろどり鮮やかな野菜と仕上げる「魚介と夏野菜のフリット」は、ホームパーティなど人が集まる食卓でも登場させたい華のあるメニュー。衣にビールを入れることで、サクッとした仕上がりになっている。材料を揃え下ごしらえを終えておけば、あとは好きなタイミングで揚げるだけ。あつあつを用意して宴席を盛り上げることもできるのだ。

夏はえび・いか・ほたても美味しい季節

【魚介と夏野菜のフリット】(1人分312g、塩分1.2g、調理時間30分)

<材料・2人分>えび(ブラックタイガー4尾、いか(胴)1/2ぱい分、かぼちゃ100g、ジャンボピーマン(赤)1/2個、オクラ2本、ビール75cc、レモン1/4個、粉ざんしょう適宜・小麦粉、揚げ油、塩

<作り方>

(1)えびは殻と尾をむき、背わたを除く。いかは皮をむいて1.5cm幅の輪切りにする。かぼちゃは1cm厚さ、ピーマンは縦半分に切ってへたを取って種を出し、縦に1.5cm幅に切って長さを半分に切る。レモンはくし型に切る。

(2)ボウルにビールを入れ、小麦粉40gを徐々に加えて軽く混ぜる。

(3)揚げ油を中温(170度)に熱し、かぼちゃ、ピーマン、オクラ、えび、いかの順に(2)のころもをつけながらカラリと揚げる。4.器に盛り、粉ざんしょうと塩適宜を混ぜたものと、レモンを添える。東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】