ダニエル・ラドクリフ、ほぼ食事せず長期撮影

写真拡大

ダニエル・ラドクリフは、新作「ジャングル」の役作りのために究極の食事制限を行ったそうだ。

同作で、迷ったジャングルの中で何週間もサバイバルすることになった冒険家を演じるため、ほとんど食事をしないようなダイエットを行ったのだという。「ろくに食べていなかったから身体的に辛かったね。長期間の撮影をしていたんだけど、それをほとんど食べていない状態でやっていたんだ」

アマゾンのジャングルへの旅路が予想外の展開になってしまったヨッシー・ギンズバーグの実話に基づいた同作に向け、ダニエルは撮影の1か月前からそのダイエットを始めていたそうだ。