なぜシェアハウスは若者世代に人気なの?ユニークな物件も紹介します

写真拡大

2012年10月から2014年9月まで放送されていたテレビ番組、『テラスハウス』。一つ屋根の下で複数の男女が楽しそうに共同生活を送る様子を目にして、「シェアハウスっていいなぁ」と思った人も多いはずです。

美男美女6人のルームシェアを見ていると、そんな生活に憧れを持ってしまいますよね。実際に、シェアハウスは都内を中心に年々増え続けているのだそう。シェアハウスが若者の人気を集めるのには、こんな秘密がありました。

■シェアハウスって?

シェアハウスとは、格安の賃料で住人との共同生活が楽しめる住居のこと。シェアハウスを専門とするひつじ不動産によると、日本におけるシェアハウス物件数と住戸数は、2013年の3月末では1,378物件、19,208戸だそうです。ここ数年は年率30%ほどで増加しており、3年間で約2倍となっています。

入居者の平均年齢は28.9歳。30代の割合も徐々に増加傾向にあるそうです。

■若者がシェアハウスに集まる理由

ですが、他人と一緒に生活するなんて一見大変そうですよね。それなのに、なぜ若者はシェアハウスに集まるのでしょうか?

1:相談相手が近くにいるから

「KY文化」とも言える空気の中で育ったゆとり世代には、なかなか自分の悩みを打ち明けられる相手がいません。実家にいれば家族が相談相手になってくれるけれど、ひとり暮らしとなれば話は別。長い付き合いの友人にも悩みを相談できないという人が多いです。

しかしシェアハウスの仲間は、生活をともにしているぶん、いわば第二の家族のような存在。職場での人間関係や、仕事の悩み、将来への不安など、友人には言いづらいような内容でも気軽に打ち明けられるのです。

2:いろいろな人と出会いたいから

20代は、社会に出たばかりで経験も人脈も少ないもの。いわば、「真っ白なキャンバス」といったところでしょうか。若いうちに色んな人と出会いたい、独身のうちしかできないことを謳歌したい……という理由で集まる人もいるようです。

せっかくパーティーや交流会で知り合っても、たいして親しくなれないことってありますよね。そのぶん、日常生活を共にするシェアハウスであれば仲良くなるのも早いです。人間関係が希薄と言われている今だからこそ、濃い付き合いを求める人はシェアハウスに行くのかもしれません。

3:自分を高めたいから

近頃では、共通の趣味や話題を持った仲間が集う「コンセプト型シェアハウス」が人気を集めているそうです。英会話・ダイエット・婚活など、明確なコンセプトを掲げたシェアハウスは「住む+αの価値」が若者に支持されているようです。

同じ関心を持つ人たちがシェアハウスにいれば、スキルを高めたり情報収集をするのにも役立ちそう。ただ住むだけではないところに、シェアハウスの魅力があるのかもしれません。

■ただ住むだけじゃない!ユニークなシェアハウス

Women who have seen friends and smartphone on the couch

若い世代を中心に人気を集めるシェアハウス。少し興味が出てきませんか?そんなあなたのために、ユニークなシェアハウスをいくつかご紹介します。

・FRESH share JINGUMAE(渋谷区)

「『暮らし』と『アクティブ』を両立しながら健康的に」をコンセプトにしているシェアハウス。神宮前にあり、都心へのアクセスも楽ちんです。

女性目線でつくられた、女性のためのシェアハウスなので、暮らしやすさは抜群。ヨガスペースがあったり、みんなで楽しく健康食調理ができたりで、健康的な素敵女子になれそうですね。

・クロスワールド大森(大田区)

グローバル化が進んでいて、若者にも英語力が必要とされているのを感じる今日このごろ。とは言え、なかなか英会話を学ぶ機会に恵まれず、困っている人って意外と多いですよね。

クロスワールド大森は、「暮らしながら英語を楽しく身につける」をコンセプトにしているシェアハウス。同じ悩みをもった人と一緒に英語を学べるなんて最高だと思いませんか。

・バウハウス横浜(横浜市)

大関商品研究所が手がける「バウハウス」シリーズ。バウハウス横浜は、大きな木の上につくられたツリーハウスを囲んで生活するのが特徴的なシェアハウスです。

ツリーハウスでは入居者でない人も招待し、カフェを開いたりイベントをしたりすることも。薪ストーブの音を聞きながら、仲間と語り合うのは特別な時間になりそうです。

・SHARENEST TOYOKO(横浜市)

こちらのシェアハウスのウリは、隣駅から『おばあちゃんコンシェルジュ』が週3日来てくれる点。洗濯・掃除・料理などの家事を行ってくれるそうです。

学校やバイト、仕事で忙しくても、帰ると掃除・洗濯が済んでいて、おいしい夕食が出てくるというありがたさ!畳の小上がりやちゃぶ台など、おばあちゃんの家が恋しくなるかもしれません。

なじみの薄かったシェアハウスは、確実に若者世代の間で人気を集めています。これからの新しい住まいの形として、さらに増え続けていきそうですね。引っ越し先を探している人は、シェアハウスも視野に入れてみてはいかがでしょうか。