G大阪、DFオ・ジェソクの脳震とうを報告…17日の名古屋戦で負傷交代

写真拡大

▽ガンバ大阪は18日、韓国代表DFオ・ジェソクが脳震とうと診断されたたことを発表した。なお、全治などの詳細については明らかにされていない。

▽オ・ジェソクは、17日に行われた明治安田J1リーグ・2ndステージ第12節の名古屋グランパス戦に先発。MF大森晃太郎のチーム1点目をアシストするなど攻守にわたって存在感を示すも、後半途中に相手との交錯で負傷交代していた。

▽26歳のオ・ジェソクは、2013年に江原FC(韓国)からG大阪に入団。両サイドをこなすことのできるユーティリティ性に富んだサイドバックで、今シーズンはJ1リーグ戦14試合に出場している。

▽2ndステージ8勝2分け2敗で首位の浦和レッズに勝ち点2差の2位につけるG大阪は現在、年間順位で勝ち点50の4位に位置。25日に行われる次節は、FC東京をホームスタジアムの市立吹田サッカースタジアムに迎える。