子どもが「学校に行きたくない」のはなぜ? 4つの原因と対処法

写真拡大

『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴です。

うちの子、本当にいじめられてない? ママのための「Yes、Noチェックリスト」

今日は、子どもが学校に行きたくないと言い出した時、親が取るべき対応について、いじめを見落とさないための注意点なども含めて書いてみたいと思います。

「学校に行きたくない」4つの原因と対処法

子どもが学校へ行きたがらない原因には、さまざまなことが考えられます。まずその原因と対応について考えてみましょう。

1. 授業についていけない

学校の授業や幼稚園でのアクティビティについていけないと行きたくなくなりますね。そんな時は、誰にでも苦手なことはあるのだから、恥ずかしがらずに先生に聞いてみることを勧めましょう。

どうしても聞けないという場合には、できないところを教えてあげたり、ヒントを与えるなどしてください。叱ったりせずに、親も一緒に勉強するようなつもりで接してあげてくださいね。

2. クラスに馴染めるか不安

人見知りの激しい子やシャイな子などは、みんなの中に入っていけず、クラスに馴染めるか不安なのです。
そんな時はあまりプレッシャーをかけないで、「行きたくなければ行かなくていいよ」と言ってあげる方が、効果的かもしれません。

学校には楽しいこともあるはずなので、行かなくてもいいと言われると、逆に行きたくなったりするものです。


3. 学校での活動がきつい(運動会や音楽会の練習など)

大人でも疲れている時は休みたくなりますよね。ですから、そんな時は、「わかるよ、練習きついんだね」とまず言ってあげましょう。疲れているということを親にわかってもらえただけで、子どもは安心します。

「つらいのは一時的なもの」「きついことを乗り越えた時、力(自信)になる」「頑張ってうまくできた時は本当に嬉しいものよ」などと励ましてあげてください。


4. いじめを受けている

「○○君が嫌い。だから行きたくない」」などと言い出した時は、「もしかしていじめられている?」と思うこともありますね。
子どもの場合、ただのおふざけなのかいじめなのか判断がつきにくい場合も多いですが、だんだん元気がなくなるとか、「行きたくない」と頻繁に言うようになれば、いじめのサインかもしれません。


子どもが「学校に行きたくない」と言い出しても、(1)から(3)のような場合は、学期が変わったり学年が変わったり、何かのきっかけで収まりますので、あまり神経質にならずにおおらかに見守ってあげるといいと思います。

ただ、(4)のようにいじめの可能性がある場合は、次のように対応してください。

いじめのサインを見逃さないための確認方法

子どもの態度や会話などから、いじめられてるのかもと思った時は、さりげなく子どもに聞いてみましょう。

・あなたが嫌だと思うことをする子がいるの?

・何か言われて(されて)傷ついたの?

・相手の子に、やめてほしいと思ってる?

・止めてって言っても聞いてもらえないの?

これらの質問は、穏やかに、また、答えに対して批判したり怒ったりしないでくださいね。

以前の『うちの子、本当にいじめられてない? ママのための「Yes、Noチェックリスト」』という記事も参考にしてください。

親に心配をかけたくないとか、親が先生に言いつけるかもしれないという不安など、様々な感情が沸き起こりますから、あせらず子どもの話を聞いてあげましょう。

いじめだと確信した時、親がすべき対処法

子どもが話し出したら、どんなことをされたり言われるのか、それがどれくらい続いているのか、誰が関わっているのかなど、状況を書き留めておくことをお勧めします。

子どもが学校での出来事をいつでも正直に親に話せるようにしておいてくださいね。

親に話すだけで癒されることも多いですが、子どもの様子がどんどん悪くなるようなら学校に相談するといいでしょう。その時には、それまでの状況を書き留めておいた記録が役立ちます。

記録を取っておくのは相手を責めるためではなく、できるだけ正確な情報を先生に伝えた方がいいからです。もちろん、何かあった時には証拠にもなります。

あとは、先生と連絡をとり学校での様子も聞きながら、子どもとしっかりコミュニケーションを取っていきましょう。

楽しいことや辛いこと、嬉しいことや悲しいことがいっぱいあるのが集団生活です。一つ一つの経験が心と身体を強くしていきます。

愛情を持って見守りサポートしてあげましょう。