アウトドアの達人・四角友里さんがおすすめ。京都の自然に触れる絶景散策コース3選

写真拡大

京都旅というと、古都の街歩きのイメージが強いですが実は自然の中を散策するのもおすすめ。山に囲まれた地形なので、街の近くに自然に触れることができるフィールドが広がっているんですよ。そこで、アウトドアスタイル・クリエイターの四角友里さんに、観光しながら歩くことができるおすすめの散策コースを教えてもらいました。ことりっぷ編集部がおすすめする立ち寄りスポットも合わせてご紹介します。

下山後は人気エリアを散策。市内を一望できる「大文字山」

京都の夏の風物詩「五山の送り火」が行われることで知られる大文字山(標高465m)。ハイキングコースはいくつかありますが、おすすめは地下鉄東西線の蹴上駅からスタートし、銀閣寺方面へ下るコースです。このコースで歩くと、下山後に銀閣寺周辺を観光できて一石二鳥!

蹴上駅から琵琶湖の水を運ぶインクラインのトンネルを抜け、日向大神宮の境内を通り、ハイキングコースへ。山頂までは約2時間。山頂から少し下った場所にある大文字焼きの火床からは、碁盤の目に区切られた市内の様子、平安神宮や京都御所、そして古都の街を包み込むように取り囲む森など、京都の名所を一望できます。

銀閣寺近くに下山したら、ここは観光スポットが数多くあるエリア。銀閣寺や永観堂、南禅寺などのお寺を巡ったり、哲学の道を散策してもいいでしょう。

銀閣寺からほど近い吉田山の中腹にある「カフェ真古館」へと足を伸ばしても。ここは旧宮家別邸の敷地内にある建物を改装したカフェ。2階の席からは比叡山や大文字山など周囲の山並みを見渡すことができます。

「鞍馬寺」と「貴船神社」を歩いて参拝、最後は温泉へ

京都の北の奥座敷「鞍馬・貴船エリア」は、豊かな自然に囲まれています。今回紹介するのは、叡山電鉄鞍馬駅からスタートし、鞍馬寺、貴船神社を参拝する2時間ほどのコースです。

源義経ゆかりのお寺として知られ、パワースポットとしても人気の鞍馬寺。霊宝殿には国宝の木造毘沙門天立像など、貴重な文化財も展示されているのでぜひ見学を。

鞍馬寺から貴船神社までの道のりは、木の根が露出していたりして少し歩きにくい場所もありますが、見どころも多いので楽しみながらゆっくり歩きましょう。

貴船神社は縁結びにご利益がある神社として有名ですね。よく当たると評判の水占いにも挑戦してみて下さい。

貴船神社をお参りしたら、近隣の日帰り温泉「貴船温泉 水源の森 天山之湯」へ。京都嵯峨野の地下1200mから汲み上げた天然温泉を使用したこちらのお湯で疲れを癒しましょう。施設内には川床もあります。

貴船温泉 水源の森 天山之湯
[住所]京都府京都市左京区鞍馬貴船町18-2
[TEL]075-741-5555
[時間]10:00〜21:00
[料金]平日1500円、土日祝1600円
[定休日]6月〜9月:無休、10月〜5月:月曜日(祝日の場合は翌日)

参道を歩いて山頂まで。「伏見稲荷大社」のお山めぐり

朱塗りの鳥居が連なった「千本鳥居」が有名な伏見稲荷大社は、本殿の背後にそびえる稲荷山(標高233メートル)全体が信仰の対象です。稲荷山の山頂である一の峰まで参道がつづき、歩いて登ることができます。これは「お山めぐり」と呼ばれ、約2時間で歩くことができます。

末広大神と崇められている山頂の一ノ峰上社をはじめ、健康にご利益があると言われている薬力社など、途中にも祠やお塚があり、参拝しながら巡るのは楽しいもの。特に午前中早めの時間帯に、鳥居の隙間から差し込んでくる光を味わいながら歩くのがオススメ。

途中の四ツ辻からは、京都南部の町を見渡すことができます。また、ここにある「にしむら亭」は老舗の茶屋。うどんや甘味などをいただきながらひとやすみすることができます。きつねの耳のような三角形をした小ぶりのいなり寿司も人気です。

にしむら亭
[住所]京都市伏見区稲荷山官有地四ッ辻
[TEL]075-641-2482
[時間]9:00〜17:00(L.O.16:00)
[定休日]不定休(主に金曜日)

下山後は、そこから徒歩で20分ほどの東福寺まで足を延ばしてみてもいいでしょう。秋には紅葉の名所として多くの観光客が訪れるこちらのお寺。国宝の三門、日本最大と言われる禅堂など、美しい境内を散策してみては。

観光と合わせて、ふらりと登ることができる京都の山々。もっと本格的に登山をしたいなら、京都を取り囲む山々を縦走できるハイキングコースもあります。お寺や神社巡りが京都観光の王道ですが、ちょっと足を延ばせば、京都のまた違った一面に触れることができますよ。

ことりっぷの最新記事