としまえんの回転木馬「カルーセル エルドラド」

写真拡大

 関東の遊園地といえば、東京ディズニーリゾートや富士急ハイランドなどが思い浮かぶが、23区内にもさまざまな遊園地がある。はなやしき遊園地や東京ドームシティアトラクションズ、そして「としまえん」だ。

 としまえんは、今年9月で90周年を迎えた。90年前といえば大正時代……その時代の遊園地とはいったいどんなものだったのか、そもそもどんな理由で建てられたのか。都民の身近にありながら意外に知らない「としまえん」の、気になるところを調べてみた。

 としまえんのオープンは1926年(大正15年)9月15日。事業家の藤田好三郎氏が所有していた広大な土地を、一般の人に公開したのが始まりだ。としまえんという名前から東京都豊島区にあるようにも思いがちだが、場所は練馬区である。としまえんという名前は、この土地がもともと、鎌倉時代から室町時代の武士・豊島左近太夫景村(としま・さこんだゆうかげむら)の居城跡に当たることから名づけられた。大正どころか、鎌倉時代の人物にゆかりをもつ、歴史ある遊園地なのだ。

 では、藤田氏はなぜわざわざ個人で所有していた庭を開放したのだろうか。藤田氏はもともと個人の静養のために、この界隈の1万2000坪もの土地を購入した。休日には家族とともにこの自然の中でゆったり過ごす、という生活を送っていたという。ゆくゆくはこの土地に自分の家を建てたいと考えており、日本庭園や温室などを整備し、さらに土地も買い足していった。しかしそのうちに、「個人のためではなく、多くの人が楽しめる遊園地をつくろう」と思い立ち、そこからさらに周辺の土地を買い足し、としまえんの原型となる遊園地「豊島園」を建てたのだという。

 なぜ藤田氏はそんなことを思い立ったのか。

  実は当時、小学校には広い校庭がなく、子どもたちが思い切り運動できる場所はあまり多くなかった。そこで藤田氏は土地を開放することで「東京市(当時)民に運動や園芸を奨励したい」と考えたようだ。

 ちなみに、藤田氏が遊園地の開園のために買い足した土地は実に5万坪。当初購入していた土地の数倍で、もはや「買い足し」というレベルではない。藤田氏のスケールの大きさがうかがえる。

 市民の運動の奨励を目的に作られたとしまえんは、運動施設や園芸施設、さらにプールなどを備えており、家族で過ごすのにはぴったりの場所だったという。また、としまえん広報によると「1931年から33年にかけて、東京市内の小学生遠足で、最も多くの児童が訪れた場所は豊島園だった」ということだから、地域の人にいかに愛されていたかが分かる。

 そんな豊島園も、閉園を余儀なくされた時期があった。1944年、太平洋戦争のためだった。1945年には東京大空襲により、園内の三つの食堂が消失。戦争が深い爪痕を残した。

 しかしそれでも、戦争終結の翌年の1946年、豊島園はたくましく営業を再開。プールに「ウオーターシュート」を設置するなど徐々に大型のアトラクションを増やし、現在の「としまえん」に近い形へと変化していった。

 としまえんがかなり長い歴史をもつことはわかったが、気になるのは昔はどんなアトラクションがあったのかということ。当初の理念が「市民の運動を奨励」だったため、戦前はテニスコートや野球場といった運動施設が充実していた。さらには動物園や温室、音楽堂まであったという。

 戦後にできたもので珍しいものだと「アフリカ館」がある。これは1969年に完成したもので、ジャングルや古代遺跡などを再現したコースを、ジープに乗ってめぐる、1周5分程のライドアトラクション。エジプトの古代遺跡、ワニなどがいる沼地、ジャングルの猛獣などアフリカ大陸を再現していた。ディズニーランドの「ジャングルクルーズ」のジープ版といったところだろうか。ディズニーランドの開業は1983年だが、その10年以上前にとしまえんはこうしたアトラクションをつくっていたのだ。ちなみに、残念ながらこのアフリカ館は1988年に解体されている。

 園内はもちろん、世界的にも古いとされるアトラクションは、回転木馬「カルーセル エルドラド」。いわゆる「メリーゴーランド」だ。1907年にドイツでつくられたもので、その彫刻はすべて木製。歴史のある文化遺産として「機械遺産」にも認定された。その情緒ある雰囲気から、今ではドラマのロケ地としても使われている。

 ちなみに年間パスポートの販売などを行う「木馬の会事務所」は、もともとは1939年頃から「古城の喫茶」という食堂として営業していた建物。こうした古くからの建物が残っているから、としまえんにはどこか懐かしい雰囲気があるのかもしれない。

 もとは一個人が地域の人々のことを思ってつくり、地域の人に愛され、戦火のなかも生き残った「としまえん」。こうした歴史を知ったうえで見てみると、また違った楽しみ方ができるかもしれない。(文・横田 泉)