松田龍平

写真拡大

松田龍平が愛すべき“おじさん”を演じたホームコメディ『ぼくのおじさん』。この映画が開催中の「第9回 したまちコメディ映画祭in台東」の特別招待作品として9月17日にオープニングを飾り、松田龍平、大西利空(子役)、須藤泰司(企画・脚本)が舞台挨拶を行った。

[動画]『ぼくのおじさん』予告編

本作は、芥川賞作家・北杜夫が持ち前のユーモアを存分に発揮した同名小説の映画化作品。学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学生のぼく=春山雪男(大西利空)が、居候している“おじさん”(松田龍平)をテーマにすることに決定。大人のくせに万年床に寝転がってマンガばかり読み、時にはぼくをダシにお母さんからお小遣いをもらうこともあるおじさんだったが、ある日、お見合い話が持ち上がり、目の前に現れたハワイの日系四世で絶世の美女・稲葉エリー(真木よう子)に一目惚れしてしまうところから展開していくストーリー。

一般の方への初上映となるこの日は、満席に埋まった会場からは笑いが絶えず、須藤は「一般の方にご覧いただくのが初めてでしたが、あまりにもみなさんがよく笑っていただけるので、あまりにも楽しくて…、本当にありがとうございました」と挨拶。松田も「初めてご覧いただき、(登壇を)待っている間、笑い声が届いて幸せでした。ありがとうございます」と話した。

また、「おじさんが『雪男』と呼ぶだけで観客から笑いが起きていましたが、あのトーンはどこからですか?」という質問に、松田は「特に(言い方は)考えてなかったんですけど、北杜夫さんの独特のセリフ回しがそうさせたのではと思います」と回答。

劇中では、そんなおじさんが絶世の美女・稲葉エリーを追ってハワイに行くが、ハワイロケでの子役の大西くんの様子を聞かれると、「楽しんでたよね。少し時間が空いたらすぐ海へ行ってましたね」と松田。自身については「結構誘ってくれたんですが、僕は万年床でした。何度か行きましたが」と答えていた。

また、この日は上映に先駆け、レッドカーペットイベントが行われ、大西と須藤は人力車に乗って登場! 初めての人力車に大西は「すごい楽しかったけど、(街をめぐってレッドカーペットに着いたら)緊張しちゃいました」と話していた。

『ぼくのおじさん』は11月3日より全国公開となる。