ついつい嫌なことを考えて心がモヤモヤしてしまうことってありますよね。明日の仕事のこと、昨日起きた彼氏とのいざこざ、家族とのケンカなどちょっとしたことでもモヤモヤしてしまうことがあります。脳内がネガティブになると、なにごともやる気が出てこなくなってしまいます。そんなモヤモヤを吹きとばすためにやっておきたい、5つの解消法をご紹介します。

モヤモヤ解消法1: ケンカしたときは気持ちを紙に書きだす

彼氏・友だち・家族、誰かとケンカしたときってとても嫌な気分になりますよね。できれば早く仲直りしてモヤモヤを解消したいところ。でも、ちょっと頭を冷やしてから仲直りしたいときもあると思います。そんなときのモヤモヤを解消するためには、自分の気持ちをすべて紙に書きだすことです。
相手に自分の気持ちをわかってもらえなかったそのモヤモヤを紙に吐き出すことによって、気持ちを静めていくことができます。また、読み返すことでなぜそんなにモヤモヤしていたのか? といった部分も見えてきて、解決へと導く結果にもつながります。

モヤモヤ解消法2: 明日がユウウツなら早く寝る

明日から仕事がはじまるブルーマンデーや、明日の打ち合わせがおっくうといったユウウツな日をむかえる前夜は、なるべく早く寝るようにしましょう。次の日のユウウツなことを考えながら夜を過ごすと、モヤモヤを加速させてしまいます。温かい飲み物などを飲んで神経をゆるめ、なるべく早めに寝てしまいましょう。熟睡することができると疲れもとれて体が楽になります。身体的に楽になるだけで心のモヤモヤも解消されますよ。

モヤモヤ解消法3: 不安でいっぱいなときは運動して汗をかく

自信がない、気持ちに余裕がないといった不安を抱えているときは、体を動かして汗をかきましょう。汗をかいて解毒することで心のなかに溜まった不安を吐き出すことができ、とてもリフレッシュすることができます。
また、体を動かすことに集中することで、不安心を遠のけて気分をリセットすることにもつながり、心を落ち着かせる手段となります。

モヤモヤ解消法4: 悲しいときはおいしい物を食べる

とても悲しいことがあってモヤモヤしているときは、おいしい物を食べて幸せな気分になりましょう。「おいしい」と思えるものを食べることによって、脳内にセロトニンが分泌されるので幸せな気分になることができます。
人の最大欲求のひとつでもある食欲は、生きていくためにはなくてはならないもの。本当においしいものを食べると、顔がほころぶほど脳内が幸せホルモンで満たされます。

モヤモヤ解消法5: イライラしたら部屋の片づけをする

イライラしているときの人の脳は、ごちゃごちゃして気持ちを整理するのがとても大変です。そんな脳内を部屋に置き替えてみましょう。部屋を掃除するだけで頭のなかが整いだし、とてもスッキリした気分になれます。
クローゼットや戸棚といった、物が多く乱雑しがちな箇所を整理すると、より気持ちも楽になります。部屋の模様替えも行うとリフレッシュすることができ、よりイライラも解消します。