もうムリ? “性欲の強い彼氏”への上手な断り方&コントロール方法

写真拡大

性欲はお互いが同じくらいならいいですが、中には「彼のほうが強すぎて困っている」と言う人がいるかもしれません。

男性が“本命彼女”だけに見せる、「大切にエッチしたいサイン」3つ

しかし、性欲が強すぎるとはどういうことでしょう。頻度なのか、一日の回数なのか、女性のほうからお断りができないのか、見ていきたいと思います。

頻度が高い

毎日する。会うたびする。毎日会う関係なら「毎日しなくてもいいかなあ」と思っても彼が「毎日したい!」と思っている。

回数が多い

彼のカラダがなかなか収まらない。そのうちに、こちらが疲れてしまうけれど、彼はまだまだ元気なので、一回で済まずに数回というパターン。

断れない

エッチするのが当然と思っていて、断りづらい。彼が楽しみにしていたり、喜んでいるので断れない。上手い断り方を思いつかない。

強すぎて困るなと思ったことはなくても、誰にでも「アレ?」と少しのズレを感じたことはあると思います。

お互いの熱量が違うと…?

N子さん(31歳)は「前カレはとても性欲が強かった。結婚は考えていなかったので強い性欲について深く考えませんでした。

でも、彼はエッチに余念がなかったので、精神的なつながりが欲しかった日は、なんだか腑に落ちなかったこともありましたよ。“余念がない”とは、頻度も回数もお断りできない雰囲気も、全部です」と語ります。

それまで付き合った人は、頻度が高くても回数は一回だったり、お断りもできたそう。

「別れたけど、いつまでも連絡が来ました。きっと性欲からだろうなと思いました」

と、何度も会いたがられましたが、根気よく断り続けたそうです。

その後は、N子さんは次の彼と結婚しました。性欲は普通なので良かった、と今は思うそうです。
やはり二人が同じくらいの熱量が望ましいですね。

熱量が違えば断ることも。上手な断り方は相手によって変わるのでご注意。

断るセリフ:遊びの相手

遊び相手ならはっきり断る。それで怒ったとしても、放っておきます。

機嫌が収まれば、また連絡が来るでしょう。

「今日はダメ、また今度ね」 「その気にならないからしない」とはっきり言ってもいい できるだけ会う前に断る

断るセリフ:結婚を考えている相手

正直に断るのはオススメしません。

「早く帰らなければならない」 「疲れているので、出かけるのがおっくう」 「仕事を持ち帰ってそっちに気が行っている」

と不可抗力でできなかった・会えなかったことにしたほうが穏便に済ませられます。結婚してからエッチの相性が合わないと困りますので、結婚したい相手なら、彼の性欲もよく見ます。

また、「君の性欲では結婚してもつまらない」と判断されても困ります。できるだけ合わせられるようにしましょう。

エッチを回避する方法

「付き合う」ことの定義や意義が、“性欲の解消”でもあるので、完全な回避は難しいですが、こんな方法も。

二人で熱中できる共通の趣味を見つける お互いそれぞれ趣味を見つけ別行動する(ただの別行動だけではダメ。趣味に熱中しないと性欲の行き場がなくなり浮気する) その趣味について男同士で語ったり、競争する環境ができればなおいい

“究極”の回避法は…?

体が弱いことにする、いわゆる仮病です。「痛いので、なかなか応えられない」風で。それをだんだん彼の心に刷り込む形が望ましいでしょう。

「まったくできない」ではなく三回に一回は上手にかわしていきます。

しかし、彼の性欲が強いことは女性側が“男性を操縦できる立場にある”とも言えます。

また「いつも女として扱ってくれる」のは性欲の強い男性。性欲が弱すぎると、「可愛いね」とチヤホヤしてくれることも減り、“男とつねに対等”を強いられるような気もします。

上手く彼氏をコントロールしつつ、回避する方法を使うのがよろしいでしょう。