人気アウトドアブランド「パタゴニア」が食品ビジネスに進出する理由とは

写真拡大

機能性の高いアイテムを作り続けている人気アウトドアブランドのパタゴニア。エコ活動でも有名ですが、新たに食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」を本格開始するそうです。

[関連記事]年末年始の食べすぎに。胃腸に優しいオーガニックスープ

 

■パタゴニアがオーガニックフード販売を開始した理由とは?

 

かつてパタゴニアは、コットンTシャツに含まれた有害な化学薬品に気付き、自身や地球への悪影響を最小限に抑えるため、衣類を製造する全工程の追跡することにし、さらにその後、全てのコットン製品を100%オーガニックコットンに切り替えました。

そして2011年に立ち上げられのが、食品部門の「パタゴニア プロビジョンズ」。コットンの時と同じく「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑えること」を目標に、危機を感じた食品業界に警鐘を鳴らすために設立されました。そして今回、日本でも本格展開が始まります。

img_111990_2

2016年秋に登場する食品は、生息数が豊富な天然魚だけを捕獲して加工したスモークサーモン、それにオーガニック農場から調達した果物、アーモンド、シード、果汁のみを使用したエナジーバー、そして煎った4種のオーガニック穀類と乾燥オーガニック野菜入りのスープミックスです。

img_111990_4

「ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」というビジョンと行動力、そして美味しい食べ物を分かち合いたいという考えには、パタゴニアらしさがよくあらわれているのではないでしょうか。

パタゴニア プロビジョンズ>> http://www.patagonia.jp/provisions

 

[関連記事]
たった10分!水で作れる身体に優しいオーガニックパンケーキ

冬ギフト&肌乾燥ケアに!ジョンマスターオーガニック限定セット

世界初!再生可能な天然ラバーのウェットスーツ

(文/&GP編集部)