14日、このほど出張で日本を訪れたという韓国人が、「日本人と韓国人の違い」について感じた内容を韓国のインターネット掲示板につづった。写真は東京の鉄道車内。

写真拡大

2016年9月14日、このほど出張で日本を訪れたという韓国人が、「日本人と韓国人の違い」について感じた内容を韓国のインターネット掲示板につづった。

海外はこれが初めてだった筆者、2日間ほどの日本滞在で日韓のさまざまな違いを感じたそうだが、中でも「一番大きな違い」と肌で感じ驚いたのが、日本人がちょっとした体の接触にも異常に敏感なことだったという。

「地下鉄に乗った時、軽く体がかすっただけなのに、申し訳なさそうな表情で『すみません』と謝られ、むしろ自分の方が慌ててしまった」と筆者、「生活の中ではこんなささいな接触はまったく問題にならないことだろうに、日本ではとても敏感(?)に受け止めるようだ」とつづった。

これに対し、他のネットユーザーらは次のようなコメントを寄せている。

「いろいろ旅行すると分かるけど、日本が特別なわけじゃなくて、韓国が変わってるんだよ」
「韓国では地下鉄から降りる時、おばさんやおじさんが当然のように前の人の背中に手をつくもんね」

「日本は個人主義の社会だ」
「日本は本当にそうなんだよね。何かというと『すみません』」
「申し訳ないという表現は別としても、『タッチ』に敏感なのは当然だと思う。韓国人はほとんど気にもしない部分だけど」

「それは欧米でも同じ。自分と他人の空間を確実に尊重するんだ。反対に韓国がおかしいのは、ぶつかっても知らんぷり」
「日本の書店で本を見ていた時、背中合わせで本を選んでいた女の子が、服の裾がちょっと触っただけなのに『すみません』と言ってきた。むちゃくちゃ驚いた」

「日本もそこまでではないと思うけど?」
「逆に日本人は韓国に来て、友達同士で気安く体に触れたり、その上抱き合ったりするのを見て驚いたと聞いたよ」(翻訳・編集/吉金)